ブログ

8月5日出発 ソフトな山歩きで花の東北満喫 秋田駒ヶ岳・森吉山・八幡平 2便目

山旅人専属ガイドの津森豊です!

東北の温泉めぐりと、おすすめ三山に行ってきました。1便目に引き続きこちらは2便目の様子です。

体力や技術的に厳しいコースであればお花の良いところはいくらでもあります。このプランではソフトな山歩きで花を満喫できる山歩きにこだわりました。秋田駒ヶ岳、森吉山、八幡平は言わずとしれた花の名山3座。一番やさしいコースを選び、ゆっくりと時間をかけてお花畑を楽しみます。もちろん毎日変わる温泉もお楽しみ下さい。

通常20名前後の定員となる小型バスを8名募集で1人2席利用。宿泊は3泊とも2名1室利用。可能な限り密を避けたプランです。

ガイド:斉藤栄作美さん 津森豊 ドライバー:阿仁タクシー 福島相さん

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!

 

山旅人の東北ツアーは毎回現地の方々に沢山のご協力を頂き、心温まる地域密着型のツアーが自慢です。

初日、秋田空港に着いたら角館を散策。

 

昼食は雰囲気のある稲庭うどんのお店へ。このお店、アユの天ぷらが食べられるということで福島ドライバーのおすすめです。お番台が良く似合うご主人かと思いきやガイドの斉藤栄作美さん。この場所がお気に召したようです。

 

初日の黒湯温泉。乳頭温泉郷にある秘湯の一つ。宿の雰囲気、温泉の質、お食事ともにご好評でした。

 

さて、山行1日目の秋田駒ケ岳です。

 

花の多さと景色の美しさは抜群です。

 

歩きやすい登山道を進みます。

 

今回出会った花々をご紹介しましょう。

 

 

 

 

 

秋田駒ケ岳最高峰の男女岳頂上にてチーズ!

 

台風から変わった低気圧が前線を伴って北海道を通過したため、山行2日目の森吉山は大荒れの天気となり、北秋田市を知る見どころ巡り観光に変更。山に行けなくて残念でしたが、そのぶん北秋田通になりました。

2泊目のお宿マタギの湯で斉藤さんによる白神山地のブナの森のお話しをはじめ、

 

阿仁鉱山が栄えたころを現在に伝える歴史資料館「異人館」や浜辺の歌でお馴染みの作曲家成田為三を知る「浜辺の歌音楽館」。

 

最近発見されたストーンサークル伊勢堂岱遺跡を保存する「伊勢堂岱遺跡縄文館」。縄文時代中期に作られたもので非常に研究価値が高く、世界文化遺産に登録申請をされる予定だそうです。世界遺産になる前に行っちゃいました。

 

地元出身福島ドライバーのおすすめの和牛と馬刺しを食べられる昼食、3.8mの日本一太鼓を展示する「大太鼓の館」など、斎藤さん、福島さんにご案内頂きました。ご紹介した展示施設はすべて有料なのですが、北秋田市の政策で無料キャンペーン中。お財布にも優しく、北秋田をよく知ることのできる大変価値ある観光でした。

 

3泊目のお宿 後生掛温泉です。お宿の佇まい、温泉、お食事すべてがとってもご好評でした。

 

山行3日目、八幡平。前日の森吉山に続き天気が心配されましたが、思った以上に良くなり、八幡平のなだらかな峰々だけではなく周囲の山々も見渡せる素晴らしい山行となりました。

 

とても楽に登れる日本100名山としても有名。午前中3時間ほどの山行です。向こうに岩手山も見えてます。

 

よく整備された登山道を行きます。秋田駒ケ岳にはなかったクルマユリが咲いていました。八幡沼をめぐって

 

頂上に登頂。はいチーズ!

 

ここは鏡沼です。斉藤さんの持っている観光パンフレットの写真はドラゴンアイと呼ばれているそうですが、まさしくこの鏡沼の5月の風景です。今回ご参加の皆様とこの話題で盛り上がり、次は残雪のドラゴンアイと東北桜を同時に楽しむゆったり企画を提案します!もちろん温泉めぐりも!!ご興味のある方は是非お声がけください。津森

コメントは受け付けていません。

2020.08.08雲上の楽園 花の白馬大池2020.08.108月14日は休業日とさせて頂きます

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ