ブログ

花の大雪大縦走 旭岳からトムラウシ山

美しい稜線と国内最大級のお花畑。大雪山からトムラウシの縦走は登山者達の憧れ。体力、技術、経験が必要な長い縦走路なので出来るだけ短いインターバルで小屋やテント場に着くように行程を組みました。さらに天候等も考慮して予備日も設け、荷物負担も少なくなるように朝夕の食材もボッカが運びます。

ここ最近気圧の谷に入っている北海道ですが、天候に大きく左右されることなく1日も雨に降られることなく4日間の大縦走を歩ききりました。

ガイド:山下ススムさん ボッカサポート:朝倉十郎さん 添乗:津森豊

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!

登山一日目。旭岳ロープウェイに乗って姿見駅へ
歩き出しはガスの中。
ガスガスで周りは何も見えません。連日強風で登頂が難しい中でしたが無事に旭岳頂上。
雪渓を下って
間宮岳の分岐をすぎると
だんだんと雲の切れ間が出始めました。
長い長い縦走は始まったばかり。
白雲岳をのぞみます。
雄大でなだらかな尾根をどんどん進みます。
雪解け間もない斜面には高山植物が満開です。
気持ちの良い風が吹きます。
高山植物の咲き誇る道を進み
見えてきました。白雲小屋。
最近クマが多く出没しているらしく。最終確認7/28ってありますが・・・今日です。
小屋で自炊のお食事を囲んで乾杯。1日目終了、お疲れ様でした!
今日は野菜をふんだんに使ったラーメン鍋。
高根ヶ原からトムラウシまで素晴らしい展望の朝です。
言葉にならないほどきれいな景色に感動。
日本離れした景色。
ここは北海道の中でも格別の場所。と、ガイドの山下さんは言います。
高根ヶ原でトムラウシ山をバックにチーズ!まだまだ先は長い!
 
クマが最も多く生息する大雪高原沼を見下ろします。
 
縦走路をパノラマで撮ってみました。いいよな~大雪。
ワタスゲとヨツバシオガマの群生。
振り返ると稜線の左側が旭岳。
忠別岳の裾野も花が満開。
忠別沼で一休み。
忠別岳にてチーズ。
2日目終了。忠別小屋です。
今日もお疲れさまでした!
今年は残雪が極端に少なく寂しい年だそうです。
行く先々で
満開の花々を愛でながら歩きます。
トムラウシ山まであと少し。
北沼。
岩の点在する登山道を進みます。
皆さん防寒のため雨具を着ていますが、今回雨には一度も降られませんでした。
トムラウシ山へ。
残念ながら歩いてきた縦走路は見えませんでしたが、ここまでコースタイム通りで完登!
曇ったときこそナキウサギの出番です。可愛かった!
3日目終了。南沼キャンプ場で乾杯!
4日間中3日間はガスの中でしたが、歩きごたえと花の多さに大満足の4日間でした。
長い長い縦走お疲れさまでした。通常2泊3日で行くと1日の行程が8時間を超える長丁場のコースですが、もう一泊増やすことにより歩行時間を短縮。その分、花や景色をじっくり楽しめる満喫の大雪旭岳からトムラウシの縦走でした。北海道らしい雄大な景色と沢山の花々を心ゆくまで楽しむ素晴らしいコースです。そして何よりも現地ガイドの山下さん、ボッカサポートの朝倉さんのおかげで元気で快適に歩くことが出来ました。次回企画時沢山のご参加をお待ちしております! 津森

コメントは受け付けていません。

2019.08.01お盆期間のご案内2019.08.02スバリ岳から針ノ木岳 蓮華岳・北葛岳

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ