ブログ

穂高連峰の大パノラマ 上高地から蝶ヶ岳と蝶槍

何度見ても飽きない景色 北アルプス南部の代表的な風景
アルプス稜線登山の入門コースとして親しまれる蝶ヶ岳の魅力はなんといっても迫力ある穂高連峰の大パノラマ。
横尾で前泊してアプローチすれば稜線でたっぷりと時間がとれます。
ゆっくりとお楽しみ頂く為に比較的登山者の少ない初秋に設定。今回も素晴らしい4日間となりました。

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!

山岳ガイド:長谷部 亮さん  添乗員:岡本哲也

蝶ヶ岳へ続く稜線からの槍・穂高連峰の大展望はピカイチです。こんなに素晴らしい景色が見ることができてほんと感謝!!!

蝶ヶ岳に向けて初日は関西を出発して上高地から横尾まで移動します。しとしと少し小雨からのスタート。

横尾山荘でお世話になって翌朝、窓から外を見ると・・・おっ~!!!あわてて玄関から外に出てとても綺麗な前穂をパチリ(^o^)

あっという間に雲の中になりましたが・・・青空も後ろで待ってくれてます。雲ってなんかいいですね。とてもきれいでした~。

朝ごはんを食べて横尾山荘から蝶ヶ岳に向けて出発~。谷の向こうは穂高連峰~晴れてくれるかな~

とても快適で涼しい森の中をどんどん高度あげていきます。じっとしてると少し肌寒いくらい。

おっ~!!!!見えましたよ~ 「やりっ」「やりっ」!槍ケ岳さんが顔を見せてくれました。まさか槍が見れるとは。

長谷部ガイドの丁寧なご案内で、久々に歩く皆様も急な登りをいつも間にか・・・蝶ヶ岳分岐到着~。パッ~とガスも晴れてこの眺望には長谷部ガイドも驚き。

この景色を皆さんに見てほしかったので、いやっ~良かった~遮るものがまったくない穂高・槍連邦がずらり。時間がいくらあっても飽きませんね。そして雷鳥家族も歓迎してくれました。

ほんま最高です。なんでこんなイイのでしょうか。みんなにこの景色を見てほしい。絶対感動間違いないですね。

分岐に荷物を置いて稜線をブラブラ、槍を目指します。蝶槍(ちょうやり)です(^^)。蝶槍山頂レストハウス(^^)にてコーヒータイム♪

なんと長谷部ガイドがすごい技を見せてくれました~「つまみ槍」!!長年ガイドをされているとこんな事ができてしまうんですね(笑)

分岐から小屋まで広々と開放感のある稜線を歩きます。気持ち良すぎです♪

蝶ヶ岳ヒュッテ到着してザックを置いて手ぶらで山頂へ。何処見てもすごい景色です。ここのナナカマドはこんな景色をいつも見てるんですね。

翌朝です。うわ~!!こんな声しかでません。くも~!!!!

まだ薄くらい御来光前。確か4時間半頃でしたでしょうか。小屋前のベンチからの眺望です。

次々変わっていく景色、反対側はモルゲンロート。何も考えず驚いてばかり。朝食時間も忘れてしまいそうですがお腹だけはしっかり覚えてます(^^)

朝食後もいつもの縦走コースなら体操して出発ですが、今日は徳沢泊まり。優雅な時間を過ごします。8時出発です。

食後はドリップCOFFEEを飲んで、みなさん元気にお話もはずみ♪タイミングを見て朝の散歩へ。

すらっと足のなが~い(笑)みなさんの影。でも一番左の私だけがなんかズングリムックリ、足も短め、背も低い、すらっとしてない^^;。そんな事はどうでもいいですが、やっぱり素晴らしい景色ですね。

朝ごはんから2時間半もあっという間。予定の8時出発です。今日も青空に向かって。昨日も山頂に行きましたが今朝も2度目の山頂。

徳沢へ向けて下山ですが、ここすごいですね。スイスアルプスのようです。

3日目も恵まれて最高の日差しを浴びながら。妖精の池を横に見ながら下山です。

気持ちのいい森を下山途中でこんなハートの苔の根を見つけました。蝶LOVEですね。なんかハートを見てるうちに・・・笑顔にしてしまいました。(^^)

徳澤園到着前直前で10分でしょうか少し雨に合いましたが、ちょっと濡れた程度で下山したら晴れ。

待ちに待った徳澤園の宿泊。贅沢な時間をのんびり過ごして。夕食です。一番待ちに待ったのは。。。肉の向こうの長谷部さん(笑)でしょうか。たくさんの美味しいお料理とご飯でなんと6杯もおかわりをされてました。(長谷部さん、すみませんばらしてしまいました)。無農薬で育った野菜、りんごを食べて育ったやらかい信州牛のサーロインなどどれも美味しかったです。

山を登った後の達成感、そして夕食を食べた贅沢な気分で星も見えたら最高かな~っと。満点の星空でした。長谷部ガイド、ご参加のみなさんありがとうございました。今回キャンセル待ちでご参加いただけなかった方やタイミングが合わなかった方もまた次回も企画しますのでお早めにお問い合わせお待ちしております。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

2021.09.09山旅人の自社タクシー車両 さぽ旅号のご紹介2021.09.12中央アルプス主稜線 空木岳・越百山 周遊縦走

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ