ブログ

道東三山 羅臼岳・斜里岳・雌阿寒岳

山旅人専属ガイドの津森豊です!

最果ての世界遺産、知床半島羅臼岳をはじめ、オホーツク富士、斜里岳、阿寒湖畔の雌阿寒岳、道東の名山三座を巡ります。どれも長丁場ではありますが、それだけに達成感もひとしお。展望はもちろんの事、この時期はお花もたっぷりとお楽しみ頂けます。メインガイドは山旅人超ベテラン小林孝二さん。しっかり歩きと笑いの絶えない素晴らしいツアーでした!

ガイド:小林孝二さん サブガイド&添乗:津森豊

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!

 

今回はずっと曇り予報で展望がほとんどなく、雲の切れ間から時折見れる景色のありがたい山行となりました。雨は全く降られなかったので幸いだったのと、逆にこの時期とても暑い北海道とは思えないぐらいの涼しさで、快適に登山を楽しむことができました。

こちらは3日目の雌阿寒岳。頂上からオンネトー登山口を目指す途中の阿寒富士の景色です。

初日は羅臼岳。朝5:00出発で登頂を目指して出発です。

 

知床の原生的な美しい森。

 

花々がたくさん咲いています。

 

 

チングルマとエゾノツガザクラの混生。

 

イワブクロや

コケモモとイワヒゲ、その他さまざまな花が咲き誇っていました。

さあ、羅臼平を超えて頂上が近くになってきます。

羅臼岳頂上にてチーズ!

下山の時は知床の山々の連なりが少し見えました!

さて2日目は斜里岳です。

斜里岳は渡渉の連続から滝のふちを直登して稜線に取り付く登山道に変化のある面白いルート。

小林ガイドに飛び石の手ほどきを受けながらぐんぐん進んでいきます。

斜里岳頂上にてチーズ!

3日目最終日は雌阿寒岳へ。活火山の噴火活動を目の当たりにする見ごたえのある山です。

 

ずっと曇りだった今回、少しづつ雲が晴れ、

頂上では青空を見ることができました。雌阿寒岳頂上にてチーズ!

向いの阿寒富士を見ながら、下山します。

下山後オンネトーからは登った雌阿寒岳が見れてよかった!

ご参加の皆様、3日間のしっかり歩きお疲れさまでした。今回の歩行が体を作るのにとても役立ったのではないでしょうか。これを踏み台にこの夏のしっかり歩きのコースへのご参加お待ちしております。

津森

 

コメントは受け付けていません。

2020.07.17ハヤチネウスユキ草と神話の山 早池峰山・姫神山・八幡平2020.07.19暑い時間帯を避けて楽しむ山の旅 3つのアルプスパノラマ展望と天竜峡そらさんぽ

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ