担当ガイド|未定

コロナ感染予防対策として:8名様限定募集 フェリーは個別ベッド、現地のバスも1人2席利用で空間をつくります。

西日本の最高峰、石槌山へ。現地の港には早朝着、お帰りも夜発なので時間的に余裕たっぷり。そして土小屋からの往復コースは比較的平坦なところが多く、さらに難所となる鎖場も回避、痩せ尾根の天狗岳もパスしますので、とてもやさしいコース取りです。慌てずゆっくりと四国の深山を満喫しましょう。

石鎚山山系の眺望

 

 

安心で快適な船中泊をお約束

 利用フェリーの船室一例。2段のベッドでも、ハシゴでは無く階段なので安心。就航1年半の新しい船、しかも瀬戸内航路の往復なのでとっても快適

 

2020/05/07
2020/05/14


電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ