ブログ

4月6日出発 ガイドは英彦山社家 高千穂家 英彦山と宝満山・足立山

山旅人専属ガイドの津森豊です!

高千穂ガイドの故郷である英彦山をはじめ福岡の山々に行ってきました。3日ともきつ過ぎず、軽過ぎず丁度良い加減の登山行程の山を選定しました。 この1年、しっかり歩けていない体を 目覚めさせるのに最適な時期と行程を選定しています。メインとなる英彦山は九州随一の霊山。社家のガイドと共に歩き、体だけでなく心も一緒に目覚めさせましょう。初日は太宰府の背後にそびえる宝満山。山頂直下にある竈門岩から竈門山(かまどやま)とも称され、多くの人々に愛される霊山。九州で最も登山者が多いといわれるほどの人気の山です。この山旅のメインとなるのは英彦山。山の中腹には県下唯一の神宮、英彦山神宮が祀られる九州随一の霊山。この山旅を案内する高千穂有康ガイドは英彦山神宮の社家 高千穂家の生まれ。当然ながら幼少期からいつも登ってきた英彦山はとても深い想いのある山です。高千穂ガイドと地元の友人、知人、ご親戚の方々が次々と登場されるおもてなしの旅をお楽しみ下さい。

旅の締めくくりは九州北部の玄関口、門司港から見てひときわ目立つ山容の 足立山。土地柄、霧が出る事が多く霧ヶ岳とも呼ばれます。低山ながら開放感のある山頂で関門海峡や巌流島、北九州の街並みを一望出来る好展望が広がります。現地3日間とも素晴らしい天気のなか、全ての山々を楽しむことが出来ました!

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!

ガイド:高千穂有康さん 添乗&サブガイド:津森豊

 

高千穂有康ガイドより皆様へ

こんにちは。ガイドの高千穂です。

私にとって英彦山は大自然を学ばせてもらった遊び場でした。世界中の山々を案内する中で役に立つ学びもたくさんありました。自分の生まれ育った山、英彦山をガイドするというのは少し不思議な気持ちでしたが、おかげさまで近年改めて英彦山に通い、その魅力を再確認しています。皆様にもその魅力をお伝え出来ればとても幸せに思います。

 

山行初日は太宰府にある宝満山。太宰府天満宮にお参りをした後、竈門神社に移動して歩き出します。

 

福岡の山はもう新緑です。ずっと昔から歩かれてきた古い登山道を進みます。

 

今回出会った花々。左からシャクナゲ、シャガ、キランソウ。

 

地元の登山者の粋なヤブツバキデコレーション。

 

岩の風景もなかなか素敵。

 

宝満山頂上にて、遠くは英彦山まで見渡すことが出来ます。

 

1座目、無事に登頂でーす!

 

ヤブツバキ咲く行者道を下山です。シャガも綺麗だった~。

 

こちらは鷹巣高原ホテル。古風なお宿の随所に生け花が飾られています。

 

夕食前、高千穂ガイドのご親族である英彦山神宮の禰宜(ねぎ)さんが英彦山の歴史のお話をしに来てくださいました。日本最古のお土産、英彦山ガラガラのプレゼント。

 

驚くのはこの食事です。

 

お客様の中には我が家の10日分の夕食のおかずだわ!とおっしゃっている方もおられるほど、すごい内容です。食材も全て天然物で魚介類はお頭付きが盛りだくさん。

 

夕食と変わらないぐらい凄い内容の朝食!そして、お宿スタッフの皆様の真心こもったサービス。身に沁みました。

 

山行2日目。高住神社から英彦山を縦走です。

 

英彦山の森は特に綺麗に新緑が始まっていました。

 

ちょっと寄り道して望雲台の岩場へ。

 

中間でも結構高度がありますよ~

 

最後の鎖を伝って登ればその上は素晴らしい絶景が待っています。

 

戸隠蟻の戸渡そのものですね~

 

鷹巣山や遠くは大分の海まで見える絶景です!登山道に戻って北岳を目指します。

 

変化のある登山道を楽しみながら、

 

北岳へ登頂。英彦山きってのパワースポット!

 

そして北岳からほどなく中岳。上宮は工事中で参拝できませんでしたが、きっと沢山のパワーをもらったことでしょう♪

 

中岳で休憩した後、南岳へ。

 

最後のピークに全員登頂!

 

奉幣殿に下り、お礼のお参りをしたら鷹巣高原ホテルに帰ります。

 

これがまた素晴らしいおもてなし。おぜんざいをご馳走になりました。小豆たっぷり、お餅も炭火で焼いてこんがりこおばしく、芸術的なおぜんざいです。お客様の中に、もう一度このおぜんざいを食べたくて再びこのツアーにご参加された方もおられました。

 

・・・名残惜しい英彦山を後にして門司港へ。2泊目は門司港レトロにある素敵なホテル。今日はイタリアンの夕食です。皆様今日もお疲れ様でした~

 

山行3日目。最後の山は北九州市の足立山です。

 

769年、宇佐八幡宮神託事件が起こった際に活躍した和気清麻呂を祀っている山で、そのお話しに登場する猪も主役の一人。ここでは猪は神様です。

 

こちらも歴史の趣のある登山道。地元の登山者にもとても愛されている山です。

 

足立山山頂にて小倉の街を見下ろします。山頂碑の前でチーズ!

 

面白いのはここから。変化のある登山道で小文字山への縦走を。

 

小文字山のピークです。小倉を眼下に素敵なティータイムを。

 

景色がすごすぎる!

 

3日間天気も素晴らしく、高千穂ガイドの優しく楽しい案内と、現地の皆様の真心こもったおもてなしで満喫した福岡の3山でした。毎年人気のコースで2便設定していますが、すぐに埋まってしまいます。ご興味のある方は来年のお問い合わせを受付け中です!津森

コメントは受け付けていません。

2021.04.08小佐渡で花散歩♪ 現地スタッフから皆様へ2021.04.124月10日出発 夏トレ イワウチワ咲く伯州山と 那岐山・日名倉山

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ