ブログ

北陸を走る人気のダイニング列車に乗車 「雪月花」「一万三千尺物語」

山旅人の鉄道好きスタッフ・三木がご案内する山旅人の鉄道旅。

今回は北陸を走る人気のダイニング列車、しかも2つの異なる人気列車へ乗ってきました。

初日は糸魚川から上越妙高までえちごトキめき鉄道の人気列車「雪月花」。海と山の景色を楽しみながら、海山の幸を盛り込んだ三段重ね弁当をいただきました。

そして翌日はあいの風とやま鉄道「一万三千尺物語」。厨房のある車両を連結していて、車両内で握りたての極上な富山湾鮨が味わえるコースに乗車。

富山でしか味わえない“きときと”の海の幸を堪能してきました。

添乗員:三木浩嗣

参加者の方限定のダウンロードサービスはこちらをクリック

サンダーバードと北陸新幹線を乗り継ぎ、糸魚川駅からえちごトキめき鉄道「雪月花」に乗車。

車内では糸魚川の老舗日本料理店「鶴来家」のお食事をウェルカムシャンパンとともに♪

お客様も優雅なゆったりとした時間をお楽しみいただけました。

途中、全長11kmの頸城トンネルの中程にある筒石駅という駅にも停車。地上まで290段の階段がある珍しい駅です。

あいにくの雨模様でしたが、妙高山もすこし望めました。

夕食は高田市内の「和ダイニング藤作」でのどぐろの塩焼きを含む会席料理を。美味しかった~

翌日は、新幹線で富山駅へ移動して、あいの風とやま鉄道の「一万三千尺物語」に乗車♪

「一万三千尺物語」は、3両編成の2号車が厨房になっていて、車内で握ったお寿司がいただけます。

立山連峰に向かったカウンター席でいただきました。曇り空がうらめしい(^_^;)

富山駅に戻って、タクシーに分乗して富山観光。呉羽山公園からの北アルプス。晴れたらこんな素晴らしい景色が広がります。

富山ガラス美術館でゆっくりガラスの芸術鑑賞。

市内を走るスタイリッシュな路面電車にも乗車。

久しぶりの山旅人の鉄道旅、ご参加ありがとうございました!

次回は9月に四国の観光列車をめぐる2泊3日の旅も予定しています。

ご興味ある方はぜひ先行予約してくださいね♪

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

2021.04.272021年 ゴールデンウィークの休業日案内2021.04.28玄関前から直行で大自然の旅へ 人混みを避けて楽しめる安心快適な山旅を実現

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ