ブログ

2月2日出発 岩尾根と壁の連続を楽しむ 鬼ヶ牙と伊勢山上表行場

山旅人専属ガイドの津森豊です!春一番のしっかり歩きということで、高野努ガイドと3名のお客様といっしょに三重県の伊勢山上と鬼ケ牙に行ってきました。

 

巻道を利用せず、しっかり行場をクリアして進む

ロッククライミングのゲレンデとしても親しまれている鈴鹿山系の奇峰、鬼ヶ牙。ノーマルルートは一般登山のガイドブックに掲載されている事もありますが「本当にノーマルルート?」と疑うほどの厳しい岩場が続きます。ハイレベルなルートだけに達成感もひとしお。

2日目もスリル満点、役行者が開いた行場、伊勢山上へ。難所には巻道もありますが、今回は行場の本道をそれずに通過します。限定5名様に対して2名のスタッフが同行し、皆様を安全にサポートします。

ガイド:高野努さん 添乗&サブガイド:津森豊

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!

 

初日は石水渓にある鬼ケ牙へ。

 

花崗岩の明るい登山道が続きます。

 

急登が一段落して展望の尾根に出ると周囲の山々の素晴らしい景色が広がります。時折岩場の通過もあり変化に富んだ楽しいコース。

 

鬼ケ牙登頂。チーズ!

 

クライミングのゲレンデにもなっている山なので頂上からの景色は最高ですね!

 

長坂の頭から臼杵岳方面への縦走路を行きます。ロープの設置された長い下り。明日の伊勢山上のための良いトレーニングになりました。

 

適度に歩き、本日の鬼ケ牙登山終了です。

松阪での宿泊。夕食は松阪牛のすき焼きを。皆様お疲れさまでした、明日も宜しくお願い致します!

 

刺しの美しい松阪牛を一番美味しい状態で食べさせていただけるようスタッフの皆様がお世話して下さいます。

 

翌日、伊勢山上出発です。本堂でのお参りは四国お遍路巡りの先達でもある高野ガイドのお経で丁重に。

 

入口から10分程で最初の行場「油こぼし」。

 

斜度約60度。30mの岩稜帯をトップロープで直登していきます。

 

油こぼしの最上部。

 

「岩屋本堂」オーバーハングした岩の庇の下にお堂が祀られています。壁は美しく塗られた土壁のよう。

 

神聖な岩屋本堂の壁を登ります。

 

岩屋中間部にて。

 

岩屋上部の「鐘掛」鎖場を通過します。

 

こちらは「抱付岩」。ほんのちょっとの登りですがボルダリング要素のある面白い岩です。

 

後半戦が始まります。「鞍掛岩」見通しの良い岩の尾根を行きます。

 

チーズ!

 

「蟻の戸渡」を経て、

 

今回一番の急下りをトップロープで降り、

 

「飛石」を通過してほぼすべての行場が完了です。

 

伊勢山上の行場巡り。歩きごたえがあり、充実感満載の素晴らしいコースです。まだ行かれたことのない方は、しっかりサポートで行く山旅人で是非挑戦をお待ちしております。津森

コメントは受け付けていません。

2021.02.031月28日メタセコイア樹氷並木と 比良山荘で頂く月鍋2021.02.06奇岩と巨岩が連続する展望縦走 右田ヶ岳

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ