ブログ

山旅人の新コース視察報告 西日本最高峰 石鎚山の魅力再発見

何度も訪れている場所は「自分は知っている」という思い込みがあって…

写真は石鎚山を後に二ノ森へと向かう縦走路

今回の視察では、そんな事に気づかせて頂きました。西日本最高峰、四国にある日本百名山二座のひとつとなる石鎚山。当社も様々な季節に、様々なプランを催行してきましたので私自身、改めて見る事もないと思い込んでいました。きっかけは四国は愛媛在住のひとりのガイドさんと知り合った事でした。新しく知り合ったガイドさんには当然お薦めコースを聞くのですが、今回提案があったのは石鎚山から二ッ森・堂ヶ森へと縦走するコース。石鎚山の主稜線の延長なのでもちろん存在は知っていましたが歩いた事はありませんでした。一般ルートでとくに他のコースと代わり映えのしないイメージもあり、少し戸惑いましたがせっかくなので一度トライしてみる事にしました。どうせならと登りも自分の行った事のないコースと思い、以前ツアーで催行したけど雨天で行程変更となり登れていない面河渓からのルートを希望し、視察に行ってきました。

夕暮れの西日本最高点、石鎚山天狗岳

以下で改めて紹介させて頂きますが、実際歩いてみると予想をはるかに超える素晴らしい縦走路でした。そして今までは休憩しか利用した事のなかった山頂小屋の泊りはとても快適で、本コース以外にもゆとりたっぷりの石鎚山登頂プランも考案。最終的には石鎚山を愛する地元ガイドのアイデアもふまえた3つの企画が仕上りました。ひとつひとつは後日改めて紹介させて頂きますが、今回のブログでは視察の報告とざっくりとした新企画の紹介をさせて頂きます。メジャーな山域になると自分は知っていると思い込んでいるけど、実は知らない素敵な場所がまだまだあるのだと感じ、改めていろいろ見直してみようと反省する気持ちになりました。ガイドをはじめ、山小屋や地元タクシー会社、山岳会の方々から様々な情報を頂き、とても価値ある山行になりました。

今回の視察で考案した3つのプラン 詳細はまた改めてご紹介しますが、先行予約は受付を開始します♪
以下の行程等はあくまで草案なので、変更となる場合もありますがご容赦下さい。

石鎚山の魅力を余すとこなく楽しむ縦走登山
面河渓から石鎚山最高点へ 天狗岳・二ノ森・堂ヶ森パノラマ縦走

出発日 2022年11月1日出発 3泊4日(船中2泊・現地1泊)
登山LEVEL4 募集定員8名
同行スタッフ 越智清加ガイド・小林孝二ガイド同行予定 添乗員堀祐希

行程:①南港~船中泊 ②~東予港=面河渓登山口…愛大小屋…山頂(泊) ③山頂…天狗岳(往復)…二ノ森…堂ヶ森…梅ヶ市=UFOライン=入湯=食事=東予港~船中泊 ④~南港
・人の少ないとても静かな縦走。迫力ある岩峰と雄大な笹尾根、石鎚山の2つの顔を満喫
・限定8名様に対し、スタッフ3名体制で難所、天狗岳(西日本最高点)も登頂
・登山の打ち上げは東予港近くの地元ガイドが勧める海鮮料理のお店へ
・夏~秋の山をしっかり歩いた方にお薦め。1日目は長丁場ですが、その価値は十分にありますよ!

雄大な笹尾根をゆっくり下る2日目の行程

西日本最高所の小屋に泊り、山々の景色の移ろいを楽しむ
のんびり歩いて、ゆっくり登頂 土小屋から石鎚山
出発日 2022年春予定 2泊3日(バスツアー)
登山LEVEL2 募集定員12名
同行スタッフ 越智清加ガイド・武村美一ガイド同行予定 添乗員未定

行程:①大阪=三宮=石鎚山ロープウェイ乗り場<ロープウェイ>成就社往復=道後温泉(泊) ②道後温泉=石鎚山スカイライン=土小屋…石鎚山(泊) ③石鎚山…土小屋=入湯=各地(19:00予定)
・山頂の山小屋に泊るので、時間に余裕をもってお楽しみ頂けます。
・山々のロケーション抜群、西日本最高所にある山頂小屋に泊って夕日、星空、朝日を楽しむ
・山頂の石鎚神社では夕拝・朝拝に参加(希望者のみ)

小屋の前が弥山山頂。素敵な御来光を眺めましょう。

小回りの利く自社タクシー利用 車移動で標高1500mのお宿に泊り
天空の尾根 笹ヶ峰林道探訪&石鎚山の展望 黒川山・伊吹山のプチ登山
出発日 2022年春~初夏頃予定 3泊4日(船中2泊・現地1泊)
さぽ旅プラン 募集定員8名
同行スタッフ 越智清加ガイド・ドライバー未定
行程:①南港~船中泊 ②~東予港=石鎚山ロープウェイ乗り場<ロープウェイ>成就社と黒川山散策=土小屋(夕日や星空鑑賞・泊) ③土小屋(御来光鑑賞)…UFOラインで天空散歩=食事=東予港~船中泊 ④~南港
・自社タクシー利用なので、状況に合わせて地元ガイドが様々な素敵な場所へご案内
・標高1500mの土小屋(国民宿舎 石鎚)に泊って、希望者は夕日、星空、朝日鑑賞ドライブ&散策へ
・ロープウェイで成就社へ、黒川山まで歩き石鎚山北壁を眺める。
・UFOラインでは伊吹山を含む、展望の良いところを散策
・東予港近くの地元ガイドが勧める海鮮料理のお店も楽しみ

今回の視察は紅葉でしたが、緑の時期もきっと素敵な景色だと思います。


今回の視察ではこんな景色を楽しませて頂きました。
面河渓から石鎚山最高点へ 天狗岳・二ノ森・堂ヶ森パノラマ縦走

面河渓を出発

1500m付近の紅葉は最盛期でした。

徐々に石鎚山が近づいてきます。面河渓ルートは石鎚山との角度と距離がどんどん変わるので石鎚山七変化をご覧頂けます。

稜線に出ると笹原の美しい景色

山頂小屋の目の前には迫力ある天狗岳

天狗岳山頂と墓場尾根

弥山山頂に建つ快適な山小屋、石鎚神社頂上山荘。テラスからは刻々と変わる景色をお楽しみ頂けます。

夕暮れの後は満点の星空と西条、新居浜の夜景を眺める

朝拝の後は御来光。この時期は天狗岳の少し北から日が昇ります。

この旅のハイライト。二ノ森から堂ヶ森のパノラマ縦走

険しい石鎚山本峰とは対象的。女性的な優しい笹の尾根を歩きます。

そして再び紅葉の森へ下山していきます。

ブロッケンに日の出… 山頂の小屋に宿泊するからこそ、このチャンスを頂く事が出来ます。
さぁ、皆さん。来年は石鎚山へ出かけましょう!
堀 祐希

ガイド紹介

私のメインの山は、やっぱり地元の石鎚山です。初めて登ったのが社会人になってからですが、それから、季節を問わず、天気も問わず?登ってきました。愛媛県が誇る石鎚山をもっとたくさんの方に知っていただきたい、歩いていただきたい。そんな思いでいっぱいです。自分がガイドさせていただくお客さまに最初にお伝えしていることがあります。それは、どんなことでもいい、どんな小さなことでもいい。石鎚山はこんな山だった、といつまでもご自身の記憶に残る何かを見つけてください、ということ。あの景色を見たなぁ、と何年たっても、ずっと心に残る山であってほしい、そう願ってガイドさせていただいています。皆様と素敵な山旅にご一緒出来る日を楽しみにして日々勉強して参ります。宜しくお願い致します。

四国山岳ガイド協会所属ガイド 越智清加

 

 

 

コメントは受け付けていません。

2021.11.022021年10月31日 丹後大江山縦走2021.11.04信州紅葉(もみじ)探訪

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ