ブログ

ロマンチック紀伊半島周遊 海女小屋・青の洞窟・新横山展望台

18年の集大成 愛と感動のスペシャルツアー♪
限定7名 山旅人幹部3名 総力あげてのおもてなし

社長 堀祐希&専務 三木浩嗣&部長 岡本哲也
三木が丁寧に行程を組み立て、岡本はそれにワクワクをプラスさせ、堀がユニークなサプライズを仕込む。皆さんに楽しんで頂きたい、喜んで頂きたいと3人がコツコツと18年やってきた事の集大成的なツアーをつくりました。当日現場では堀がドライバーを担当し、三木が添乗員として皆様を楽しくご案内、さらに歩くところは岡本が安全かつ親切丁寧にサポートさせて頂きます。今回は3人が得意とする紀伊半島を周遊の旅でお楽しみ頂きました!どんな旅になったのでしょうか。

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!

横山展望台にて

相差では女性の願いを叶える石神さんと美味海女小屋へ
相差に到着したら海を眺めてティータイム。地元の素敵な女性ガイドさん二人が女性の願い事をかなえてくれる石神さんをはじめ、相差の町を案内。

そしてお昼は現役の海女さんが新鮮な海の幸を焼いてくれる海女小屋。数ある小屋の中からロケーション、内容ともに一番お勧めの場所を選定しました。青いシャツの二人…仕事を忘れていませんか?

海女の皆さん、とても素敵な方々でした。

そして近年リニューアルした横山展望台へ。夕暮れ時の美しい時間帯をねらい、景色をお楽しみ頂きました。

とっても素敵な時間です。

フォレストピア奥伊勢のコテージに到着すると…なんとスタッフ浮田がエプロン姿でお出迎え♪ 夕食の準備は万全!

今夜はベテラン添乗員の3名が日本全国から美味いもんをお取り寄せ。貸切コテージでアットホーム&贅沢なお食事会を気兼ねなく楽しみました。浮田が準備をし、堀が食材をひとつひとつ説明、そして認定利酒師の三木がソムリエとなり皆様のお飲み物を担当。

そして岡本はテレビのモニターにご参加頂いた方々の懐かしい画像や動画を映し出し、皆さんで思い出話を楽しみます。

今日のお料理をご紹介します。南から順番に… 屋久島漁協直営店のトビウオつみれ、地元三重のみかん、浮田の地元、但馬の旅館の女将がつけた名物お漬物、お鍋の具材はすべて但馬の無農薬野菜、そして但馬牛のローストビーフ、新潟県村上より美味・鮭づくし、岩手県から海宝漬(いくらやアワビの和え物)北海道鵡川から本ししゃも… お腹いっぱい頂きました。皆さん「もう何も入らな~い…」笑 それではせっかく山岳地帯にいますのでって事で、満点の星空を見るドライブへ。そして帰ってきたら…

ちょっと早いクリスマスパーティーのサプライズ。あれ?もうお腹に入らないのでは…?別腹だそうです!笑

翌朝、北総門山へご来光ドライブ。残念!曇っていて見れない。でもキレイな景色でした。

幻想の世界へ 鬼ヶ城から青の洞窟クルージング
2日目は紀伊半島をさらに南下。熊野市・楯ヶ崎へ。ここでは遊覧船に乗り、鬼が城をはじめ、青の洞窟といわれる「ガマの口」などを楽しみます。連続する巨岩、奇岩、海からしか見られない絶景を楽しみましょう。

乗船前に鬼ヶ城も散策しました。ここも迫力満点です。

小さな船に乗り込みます。

大迫力!奇岩・巨岩が目の前にそびえ立つ景色。

神秘的な青の洞窟

お天気にも恵まれたおかげで素敵な景色を満喫。たっぷり海の景色を楽しみ、内陸へと向かいます。天然温泉の巨大露天風呂がある渡良瀬温泉へ。ここでのサプライズは…

なんと、ガイドの武村さんと当社の事務担当 久保が皆様を割烹着でお出迎え!

武村ガイドの得意なキャンプ料理でお出迎え。お漬物と伊那の新米、すいとんの豚汁、そして豚バラのコーラ煮 美味しい!!!

さらにデザートも充実。久保の手作りアップルパイと武村さんの手作りジャムのトッピングされたヨーグルト。美味しい!!!

皆さん大満足&大満腹… この後、露天風呂やお買い物を楽しみ、わたらせ温泉を後にしました。

スペシャルな2日間を、皆さんたっぷり楽しんで頂けました。ご参加ありがとうございました!

堀・三木・岡本、3名の情熱と愛情たっぷり企画 スペシャルツアー!
旅行業30年以上、温泉ソムリエでもあり、認定唎酒師でもある三木。
愛されキャラで見ているだけで元気が出て、幸せな気分にさせる岡本。
そんな二人のチカラを最大限に引き出し、たくさんのサプライズを忍ばせて
アイデアを駆使した最高の旅にアレンジしました♪

また場所を変えてやりまっせ!行きたい方は先行予約をして下さいね!

株式会社山旅人 代表 堀 祐希

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

2020.12.11スタッフ浮田健一同行 うっきーの但馬探訪 年の瀬バージョン2020.12.14ヒーローズクラブの愛と光の感謝祭

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ