ブログ

憧れの北穂高小屋に泊る  涸沢から北穂高岳

北アルプス屈指の人気を誇るロケーション抜群の 北穂高岳小屋に泊りたい!とアルプスファンならきっと一度は思った事があるのではないでしょうか。 北穂高小屋に泊るには、横尾に1泊し、山頂まで一気に登る行程が一般的な登山ですが、今回の行程は上高地に泊まり、さらに涸沢小屋に泊まって通常より1泊増やし、体力の消耗を最小限に抑え、高度順応にも対応する行程にしました。ゆっくりと景色を楽しみたい、景色が見えるチャンスを増やしたいと思っている方にはもってこいの企画です。そして今回、稀にみるベストコンディションの中、5日間たっぷり景色を楽しんできました。
ご興味のある方はこちらから来年の先行予約をどうぞ!←こちらをクリックです。

参加者の方限定のダウンロードサービスはこちら

 

上高地に入り、時間にゆとりがあるので散策したりプチ講習をしました。

さあ、涸沢小屋に向けて出発です。時間にゆとりがある事は心に余裕を持たせてくれます。

涸沢で迎えた朝は奥穂岳方面に当たる朝陽が美しくて皆で盛り上がりました。

 

さあ、北穂高岳に向かって出発。

昨日までとはうって変わって、険しい岩稜帯の道がずっと続きます。

登り切った頃には晴れ間が出ました! 足を止めて景色を堪能♪

さあ、ラストスパート♬

お疲れ様でした。あとは時間の許す限り景色と山小屋の雰囲気を楽しむだけです。

3000Mでパスタ。これがまた絶品なんですよね。

ガスが抜け、時折、槍方面へ広がる景色がみえました。

翌日、快晴予報、朝日がお出迎えしてくれました。

昨日、ガスに包まれていた槍ヶ岳もくっきりです。

ゆっくり、時間をかけて下山、振り返ると北穂高岳が見守ってくれてました。 またおいでって言われてるような気もしました(笑)
一日増やすことでゆとりができ、景色もたっぷり楽しめ、体力の消耗も軽減してくれるこのプラン、本当におすすめです!
時間をゆったり使い優雅に贅沢に北アルプスの景色を楽しみにいきませんか?きっと忘れられない思い出の一つになると思いますよ。
ご興味のある方はこちらから来年の先行予約をどうぞ!

そして、今回参加して頂いた皆様、本当にお疲れ様でした。楽しい5日間、いい思い出ができて良かったです。
本当にありがとうございました。

ガイド 長谷部 亮さん  添乗員 浮田 健一

 

 

コメントは受け付けていません。

2022.09.169月5日出発 道東満喫 藻琴山と釧路湿原カヌー2022.09.179月13日発 予備日を設けてトライする 最北の名峰 利尻山

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ