ブログ

9月13日発 予備日を設けてトライする 最北の名峰 利尻山

長丁場の厳しい登山行程を感じさせない驚きのペースメーカーガイド
毎年利尻に通い続け、利尻に精通している小林孝二ガイドがサポートする利尻山登山。数え切れないパーティーを山頂へ案内した経験と実績、そこから学んだ快適で完璧なペースメーカーで今回も大好評。そんな小林ガイドが案内する最後の利尻山は、ガイド判断で予備日を登頂日に振り替える事により、最高のコンディションで登山を楽しむ事が出来ました(*^^*)
ご希望の方がおられたら来年も企画しますので ご興味のある方はこちらから来年の先行予約をどうぞ!

 参加者の方限定のダウンロードサービスはこちら

到着日、雲に覆われた利尻山。そして翌日は北風が強く時雨れる予報。ガイドの提案で登頂日を2日目から予備日の3日目に変更するという判断しました。

フェリーが欠航するくらい風が強く、波も高い1日でしたが、お天気は良かったので散策を楽しみました。しかし夕方、山から下りてきた方のお話を聞くと、山頂付近ではミゾレと強風、雨具の上下を着用し、それでも半数くらいは8合目上部で風と寒さで引き返されたとの事。日程の入れ替えは大正解でした。明日はいよいよ最北の名峰、利尻山登頂を目指します。

翌朝、いよいよ登山開始。服装は行動中は長袖Tシャツ1枚、休憩でもう1枚羽織るくらいの暑くもなく、寒くもない快適気温♪

大展望の長官山。ここまででも十分ボリュームあるのですが、でも実際はここから登山開始って感じなんですよね(^_^;)

山上はすっかり秋の雰囲気

最高の天気、最高の展望♪ 登山者が長蛇の列となる夏のピークを避けて設定していますので快適です。

ローソク岩が見えればもう山頂は目の前!最果て地、利尻島。何度もトライ出来るエリアではないので、利尻島に3連泊して予備日を設け、お天気のいい日にアタックするこの企画。本当に大正解でした(*^^*)

青い海と空を眺めて飲むコーヒーは最高です!風も穏やかで貸切状態の山頂では40分以上もゆっくり出来ましたよ♪

名残惜しいけど下山です。楽しい1日となりました♪

改めて長年利尻島でガイドをしてきた小林さんに脱帽です。とても良いコンディションで登頂出来た事に感謝しています。ご参加の皆様も強者揃い、皆さんしっかりと歩かれていました。ご参加の皆様、本当にありがとうございました。

添乗員 堀祐希・ガイド 小林孝二さん

ご希望の方がおられたら来年も企画しますので ご興味のある方はこちらから来年の先行予約をどうぞ!

コメントは受け付けていません。

2022.09.16憧れの北穂高小屋に泊る  涸沢から北穂高岳2022.09.199月13日出発 五色ヶ原から 薬師岳全縦走

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ