ブログ

千曲川源流 富士山の遠望 甲武信岳

山旅人専属ガイドの津森です!

甲斐、武蔵、信濃の3つの県境であり、信濃川、荒川、笛吹川の源流となる甲武信岳。今回は往路は里で1泊、そして山頂に近い山小屋で1泊。山腹では花と緑を愛で、源流の豊かな自然の風景を満喫。十文字峠からの三角縦走の行程で1座の山にゆっくり時間をかけて贅沢な山行をお楽しみ頂きました。当初、山行2日間とも雨予報だったのですが、幸運なことに全く雨に振られることなく変化のある登山が出来ました。

ガイド:長谷部亮さん 津森豊

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!

 

甲州の山梨県、武州の埼玉県、信州の長野県の三県にまたがる名峰。森はカラマツやトドマツの針葉樹を中心に自然度の高い森が広がります。こちらの写真は登山口から入ってすぐの風景。この景色だけを楽しみに行くだけでも価値のある山です。

 

 

アズマシャクナゲの時期は終わっていましたが、代わりにこのベニバナイチヤクソウの大群落!林床一面に大群生していて見事でした。

 

今回の登山は十文字峠から大山(おおやま)、三宝山を経て甲武信岳へ向かいます。

 

沢を詰めていくと八丁坂の急登りが始まります。

 

今回出会った花々。アズマシャクナゲはもう終わってるかと思いきや、いくつかの株の群生に会うことが出来ましたよ。

 

 

苔むした森がとても美しい癒やされる森の風景です。

 

鎖場の急登りも幾度となく出てきて、

 

変化のある登山道を楽しみます。

 

出発した朝は快晴だったのですが、大山に登る頃には雲が多くなってきて残念ながら展望を楽しむことは出来ませんでしたが、山行2日間とも雨予報だったのに降られることなく終わったのはまさに奇跡としか言いようがありません!富士山は見ることが出来ませんでしたがそこは気持ちを切り替えて変化のある登山道を存分に楽しみましょ!

 

武州埼玉県の最高峰三宝山にて、埼玉県出身の長谷部ガイドとチーズ!で、そこから約1時間ほどかけて日本百名山のピーク甲武信岳にてチーズですー!今回日本百名山が99座目の方がおられました。おめでとうございます~。残すはあと一座です!

 

雰囲気バツグンの甲武信小屋でお世話になります。コロナ感染予防対策の徹底されたとても努力されている小屋です。スタッフの皆様、楽しく過ごさせて頂き感謝しております。お世話になりありがとうございました!夕食は名物徳ちゃんカレーをいただきました。

 

さあ、翌日千曲川源流に向けて下ります。長い長い流れの最初の一滴がここから始まります。

 

ナメ滝や長年の流れで削られた地形美を楽しみながら、少し遅い新緑の森を楽しみながら下ります。

 

とっても奥深く、静かな源流のルート。鳥のさえずりを聞きながら歩き通しました。

 

森の美しい癒やしの雰囲気が素敵な素晴らしい山です。さすが100名山の1座ですね!

最短コースで登って下れば一日往復も可能なコースですが、せっかくならこうやって周回や縦走で楽しみたい名峰です。このブログを御覧の方でまだ行ったことのない方は次回是非お待ちしておりますー。

津森

コメントは受け付けていません。

2020.06.30社会貢献活動「絆プロジェクト」のご紹介2020.07.02山旅人 後期登山教習① 岩稜帯通過のテクニック実践

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ