ブログ

10月5日出発 紅葉の剣山主稜線縦走 三嶺から剣山・一ノ森縦走

山旅人専属ガイドの津森豊です!

今回は四国徳島県と高知県の県境にまたがる山々を楽しんできました。西日本第2の高峰 四国剣山。果てしなく続く緑の開放的な主稜線に魅了された方も少なくないでしょう。中でも三嶺から剣山までの縦走路は登山者の心を引きつける魅力あるコースです。アップダウンが繰り返される長丁場ですが、今回は山麓に前泊し、さらに中間の山小屋(又はテント)と剣山頂上ヒュッテも利用し、比較的ゆとりのある行程でお楽しみ頂ける企画にしました。

ガイド&添乗:津森豊 サブガイド:磯谷優さん サブガイド&サポート:大山ガイド協会 佐伯勇治さん 

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!

この山旅のお勧めポイント…
・通常の行程より1泊増やし、前泊を入れてゆとりある 縦走にしました
・この時期は標高の高いエリアの紅葉がお楽しみ頂けます
・主峰の剣山を中心に三嶺から次郎笈、そして一ノ森へと続く雄大な山々を貫く縦走路を3日間かけてすべて歩きます
・初日は翌日から縦走する剣山主稜線を眺める展望の山笹丸山で足慣らしをします
・人混みを避けた平日の日程で静かな山を楽しみます
・テントや食材・調理器具はスタッフが運びます

 

初日は剣山と三嶺までの縦走路が一望できる丸笹山で足慣らし。

 

丸笹山頂上にてチーズ!

 

明日から眼前に広がるとてつもなく長いあの稜線を歩くのです。楽しみだな~!

 

縦走の3日間中、2日間は完璧に秋晴れ。三嶺への美しい登山道も上部に行くにつれて紅葉が始まり素晴らしい景色が広がります。

 

順調に上り詰め、山頂直下の三嶺ヒュッテで一休み。

秋の花々も咲いています。

 

三嶺山頂にてチーズ!

 

今回は撮影に徹してくれた”ゆうちゃん”こと磯谷優さんです!

 

さあ、長い縦走はこの三嶺が始まりです。

 

緊張する急降下の鎖場を通過して、

 

美しい笹原の縦走路を楽しみましょう!振り返れば三嶺がもうあんなに遠くに。

無人小屋&テントでの一夜。今日一日お疲れ様でした!

 

今日のメニューは鶏肉と豚肉のすきやき!味をよ~くしみこませるために漬けダレ風にアレンジしてみました!締めは中華麺。これがまたよく合うんだな~!!

朝は残りのお出汁でおじやです。調理を担当してくれた佐伯勇治さん。大山で旅館「雪花荘」を経営する若旦那で、大山のツアーではいつもお世話になっています。今回もありがと~!

 

満点の星空と、雲海の朝焼け。ここに泊まるからこそ見れる最高の景色ですね♪

 

朝日を浴びながら縦走2日目出発です。

 

雲海に滝雲、朝日に照らされるシコクザサとススキの稜線。

どこまでもどこまでも果てしなく続きます。

 

次郎岌と太郎岌(四国剣山)はまだあんなに遠く。

 

私たちのところに滝雲が押し寄せてきて、ブロッケン現象も見れました!

 

ヤシオなどの灌木が紅葉した森の稜線もまた美しく。太郎&次郎をバックに入れると、これがまた絵になります!

 

さあ、長かった縦走もあとわずか。

 

紅葉を見下ろし最後の急登をつめると、

 

次郎岌頂上へ。そして太郎岌(四国剣山)頂上へ。皆様よく歩かれました!

 

今晩は剣山山頂ヒュッテでお世話になります。こちらの山小屋はコロナ感染予防対策をしっかりと行っておられ、安心して泊まることができました。お食事も美味しく、スタッフの皆様の真心がこもった素敵な山小屋です♪ 女将さん、ご主人、先代の大旦那さん、いつもありがとうございます。

 

今回のツアー中に発生して育った台風14号の影響で最終日はあいにくの強風雨になってしまいました。締めで予定していた一の森までの縦走は安全を考慮して断念。その代わり、近隣580余りの神社を総括する大劔神社へ参拝して下山路をたどり見ノ越まで下山する事にしました。剣山の神様、素晴らしい景色を見せてくださってありがとうございました!

シコクザサに覆われ女性的で雄大な景色を見せてくれる四国剣山系。素晴らしい山の連なりを満喫する4日間でした。

11月は奈良県と和歌山県の県境にある、紀伊山地を満喫する果無山脈縦走へ。出発日も決定し、現在山旅人スタッフが一生懸命企画を進めてくれています。すでに2便満席近いご希望をいただいていますのでご興味がおありの方はお早めにお問い合わせください。津森

 

コメントは受け付けていません。

2020.10.07研修の為、10月12日(月)は臨時休業となります。2020.10.09会員限定・非公開:自由な旅を一緒に楽しもう「こばやし旅クラブ」会報 Vol.2

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ