ブログ

4月1日出発 隠岐らく全島制覇 摩天崖・大満寺山ハイキングと 隠岐諸島クルージング

山旅人専属ガイドの津森豊です!

今回は私の故郷島根県の隠岐の島に行ってきました。少人数ならではの素敵なプランで隠岐の島最高峰である道後の大満寺山や西ノ島の摩天崖ハイキングをはじめ、主要4島の魅力満載のスポットをあますところなく楽しみます。ジオパークに認定された隠岐の島。断崖絶壁の迫力は、やはり海から見るのが一番。クルージングにもこだわりましたのでご期待下さい。隠岐の島の海鮮料理をはじめ、名物無菌の岩牡蠣、幻の隠岐牛も召し上がって頂きます。行程表には無い魅力いっぱいのスポットへもご案内。

行程に余裕を持ち、良い場所ではゆっくりと時間を過ごし、地元の方々とのふれあいも大切にした楽しみ方をします。あえて細かい行き先は決めずに、お客様の雰囲気をみて、今ここが一番という素敵な場所にご案内します。もちろん隠岐島に行くならここは押さえておきたいという場所は外しません。ハイキングはもちろんの事、観光やお食事も楽しんでご参加の皆様に隠岐島通になっていただきましたよ~♪

お世話になった方々:隠岐の島 現地の皆様 ガイド&添乗:津森豊 

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!

初日は午後伊丹空港発の飛行機で隠岐空港へ。到着後西郷港にて更に4名のお客様と合流して隠岐の島ツアーの開始です!

 

最初は玉若酢命神社。

 

樹齢2,000年の八百杉と隠岐造りの社屋は見ものです。隠岐の島島後の風景に癒されながら移動します。

 

今回のメインの一つ、ローソク島クルージングです。今年はこの日からクルージングが開始となり、記念すべき一番目の乗客となりました!

 

どうでしょう!見事なローソクですよね~

 

1泊目はローソク島のお宿海音里さんでお世話になりました。桜が満開。皆さんでカンパイ!

 

翌日は朝から西郷港を出港するフェリーで中ノ島へ。

 

山旅人の隠岐の島ツアーは島後島、島前の中ノ島、西ノ島、知夫里島、大きな4島全てをめぐる満喫ツアーです。

 

中ノ島では後鳥羽資料館にてガイドツアーに参加。宮内庁の管轄である後鳥羽上皇在所跡や隠岐神社、それを代々守ってきた村上家を訪ねます。

 

オキタンポポを見つけましたよ~。西洋タンポポよりちょっと大ぶりで額が反り返ってないのが大きな特徴です。

 

桜満開の隠岐の島。天気もよく良い気持ちです。

 

午後から西ノ島へ。地元で生まれ育ったタクシードライバー鏡谷さんのご案内のもと、西ノ島を巡りました。

 

こちらは国賀海岸の摩天崖から通天橋への絶景ハイキング。

 

日本とは思えない絶景が広がります。

 

通天橋を見下ろしたところです。風も爽やかで快適な絶景ハイキングを楽しみました♪

 

2泊目は海の駅シーサイドホテル鶴丸さんへ。自分で釣った魚を自分で料理してお客様に提供、建物を自分で建築し、船を造船し、大型バスの運転手で・・・。とにかく何でもされる凄い方です。隠岐の島名産の岩ガキをはじめ海の幸のオンパレード。誠に見事なお食事でした!

 

なんでも出来るスーパーマンなご主人の操舵でナイトクルージングへ。これもご主人の自作クルーザー。

 

船の内装が木造りでめちゃくちゃかっこいいです。明かりの無い海上で揺られながら見る星空が綺麗でした!

 

さて3日目、午前中は知夫里島へ。こちらの島はコロナ禍で島外からの観光客の受け入れを休止するかもしれない島でしたが、観光協会の皆様が受け入れ体制を整えてくださり無事に入島することができました。島をご案内して下さった島生まれ島育ちの田上さんありがとうございました!

 

昨日行った中ノ島と西ノ島が一望できる赤ハゲ山展望台です。島前はいくつもの火山がサークル状に噴火し、複数の火口からなるカルデラが海水面の上昇で沈没して頭だけが島として顔を出しています。知夫里島もその一部で、阿蘇外輪山と同じ規模の外輪山がそれらの島々で形成されています。世界ではギリシャのサントリーニ島とこの隠岐の島だけです!まさに世界規模の絶景!

 

今日も素敵なハイキング。すばらし~

 

絶景の景色を楽しみながら爽やかな風を受けて歩きます。

 

島前島後4島の中で牛に一番近い島ですね~

 

ハイキングの終点、赤壁です。海の噴火口がそのまま断崖絶壁となって表れています。大地の活動って本当にすごいですね!

 

無事に島前3島巡りを終えて午後には島後島に帰ってきました。最終日に行く予定だった大満寺山への林道は去年の大雨で崩れ復旧工事中。3/25には開通予定でしたが、工事が長引き通行止めが解除されなかったのと、天気も段々と下り坂ということで、更に行程を変更して3日目の午後から杉の天然林ハイキングへ。

 

この森が殊の外美しく、もしかして大満寺山より更に魅力的かもと思いました。杉の巨木とそのほかの木々が織りなす天然林の景観。いい森です!

 

山旅人でいつも行く白神山地のツアーで、秋田県能代市二ツ井町にある七座山を思い出しました。

 

最高点から後半はヤブツバキの美林。時折開ける展望からトカゲ岩を覗きながら、

 

今日も隠岐の島の自然を満喫した1日でした。

 

山を案内して下さった隠岐ジオパークツアーデスクの斉藤ガイド。詳しい解説と思いやり溢れる優しいガイディング、本当にありがとうございました!

 

3泊目。島後島都万の羽衣荘さんです。最後の夜に相応しい素敵な料理でカンパイです。

 

岩ガキや白バイ貝に始まり、メインディッシュは幻の隠岐牛の溶岩焼き。これで隠岐の食全てを食べつくしたのでは?と思えるぐらいです。刺しの入りすぎない赤身多めの肉ですが、これがまた柔らかいのなんのって♪ご覧の肉厚でも歯がいらず唇で噛み切れます。味も香りも食感もまさに一級。日本一の牛肉である高千穂牛と合わせて一生の内に一度は召し上がっていただきたい逸品です。

 

3日目まででハイキング系の全ての行程を終えたので、最終日は予報通りの雨ですが、ゆったり観光です。島タクシーのドライバー宮脇さんの案内でかぶら杉や隠岐国一之宮の水若酢神社から始まり、面白いお話を聞きながら地元の方でも知らない知られざる隠岐の島を巡りました。そして最後の昼食に立ち寄ったのが佐々木家住宅。

 

隠岐の島の庄屋さんの伝統的な造りの古民家。とても大切にまもられ現代に受け継がれています。

 

お食事が素敵で隠岐の島で昔から食べられてきた祝い事の郷土料理。懐かしくて優しい思い出に残る味でした。

3泊4日で全島巡る隠岐の島。来年も是非企画したいと思います。ご興味のある方はお声がけお待ちしています!津森

 

コメントは受け付けていません。

2021.04.01生涯山歩き講座③ 岩稜帯通過のテクニック実践2021.04.053月24日出発、四国山地の深山を訪ねて・神山 はるの花々と滝巡り

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ