ブログ

大紅葉の立山連峰 奥大日岳から大日岳・称名滝へ

北アルプスの中でもひと足早く紅葉が楽しめる立山室堂。雷鳥温泉からアプローチして大パノラマの大日稜線を縦走。剱岳を筆頭に立山の山々は荒々しい岩峰が目立ちますが、大日稜線は女性的な優しい尾根が続きます。紅葉と展望を楽しみながら途中稜線の山小屋に1泊し、称名の滝まで縦走します。下山日も立山の山麓で泊るので最後まで秋の立山をゆっくりとお楽しみいただきます。

ガイド:長谷部亮さん 添乗:津森豊

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ !

初日の室堂。数日前の天気予報ではとても悪い天気予報でしたが、当日に近づくにつれ快方に向かっています。
晴れてくれることを祈りながら出発です。
雲の中の山行ですが、
紅葉はすごい良い色。
シラタマノキ
新室堂乗越から稜線歩きとなります。
稜線のチングルマも綺麗に紅葉。
まだ穂も残っていました。
奥大日岳にて
チーズ。
大日岳を目指します。
時折雲も切れて
ほとんど雨に降られることもなく終えることが出来ました。
七福園手前の岩場。
ずっと続く優しい稜線。
紅葉の尾根はずっと続きます。
中大日岳を経て、
大日小屋に到着です。雨に降られずよかった!
雰囲気の良い小屋で喫茶を楽しみます。
夕食の後はこの小屋恒例のアコースティックギターによる演奏会。スタッフの皆さんかっこよかった!
翌朝、とうとう晴れました!
展望絶景の大日岳頂上へ。
準備運動も息が弾みます。
周囲の山々が
全部見渡せました。
大日岳頂上にてチーズ。
大日平を見下ろしながら
下山です。
紅葉の尾根が綺麗。
大日平から大日岳を振り返ります。
ラムサール条約の弥陀ヶ原と大日平
きれいな湿原を見渡しながら進みます。
牛ノ首からは称名滝に向けて急下り。
鎖場やハシゴをいくつも越えて
無事下山。
称名滝です。
皆様お疲れさまでした!

立山の女性的な優しい一面を垣間見る山行、おすすめのコースです。次回企画時、皆様のご参加をお待ちしております。津森

 

コメントは受け付けていません。

2019.09.30大紅葉の八幡平縦走 秘湯をつなぐパノラマルート2019.10.02北陸を走る人気のダイニング列車に乗車 「雪月花」「一万三千尺物語」

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ