ブログ

ロングセラーには訳がある 奇跡の森を訪ねて 白神山地探訪

同じ時期に訪れたとしても、その年々の気候によっては同じ場所でも紅葉の時期は変わります。この旅は予め場所を決めていないので、今ここが一番という場所へとご案内できる自由な旅です。

「今、自分の家族やお友達を誘うならどのツアー?」山旅人スタッフが選んだ一番人気の山旅は「白神山地探訪」

スタッフ同士で20年間実施してきたツアーの中で「今、自分の家族やお友達を誘うならどのツアー?」という話題になった時、一番人気となったツアーはロングセラー商品の「白神山地探訪」。その理由はいくつもありますが、やはり一番のポイントは行き先がしっかり決まっていないので良い場所を外さないという事。予めしっかりと行程を決めてしまっている旅ではなく、現地のガイドが事前に視察しておき「今ここが一番」という場所に案内してくれるというカタチなので、まず良いところを外すことはありません。さらに現地を案内するガイドのお二人に会いたいという事も理由のひとつです。お二人ともとても明るく素敵なお人柄で、よくお客様からも「佐々木さんや斎藤さんに会いたいから参加しました」と言って頂く程。お二人は白神山地の玄関口となる藤里町のご出身なので、地元ネットワークを駆使して総力戦で参加者を楽しませてくれます。日本初の世界自然遺産登録地という事もあり知名度が高く、とくに紅葉の素晴らしいこの時期は場所によってたくさんの人で溢れかえります。しかしそこは地元に精通したガイドの腕の見せどころ。人の少ない場所や時間帯を考慮し、静かな山を案内してくれます。そんな魅力たっぷりの「白神山地探訪」。歩く道もご予約のお客様に合わせて、安心して楽しめるルートをスタッフと現地ガイドで相談しながら選定します。金色に輝く山深いブナの森。お腐葉土を踏みしめて歩くと心がとても癒やされます。いかがですか…お友達や家族を誘いたくなりませんか…?

山旅人の白神山地は18年のロングセラー 変化し続けるプランと、変わることのないホスピタリティ
地元ガイドがツアーの入る直前に調査を実施 今ここが一番という場所へ案内

そんな山旅人の白神山地の旅。スタートは2003年の春でした。それから18年、春にも秋にも2~3本、年によってはそれ以上のツアー本数を実施して参りました。最初の頃は山の中にテントを張って泊っていたのですが、7~8年前頃から古民家を宿泊出来るようにリノベーションした施設を利用するようになる等、大小様々な進化を続けてきました。そして今年のプランでは入山の前泊に名湯不老ふ死温泉を利用するなど、まだまだ進化は続いています。変わらないのは地元ネットワークの方々と協力しながら、参加者を一生懸命もてなすガイド二人のホスピタリティだけです。お二人が引退されるまでこの旅は続けるつもりですが、出来るだけお早めに参加される事を強くお薦めします。

今なら残席あります!
ツアーの詳細、お申込みはこちらから…
10月16日(土)出発
https://yamatabito.com/tour/211016shirakami/
10月20日(水)出発
https://yamatabito.com/tour/211020shirakami/

斉藤栄作美さんと佐々木伊作さん

小さな出会いからこのロングセラー商品は生まれました。
2003年、今から18年前のお話です。小林ガイドが利尻島の仕事から帰って来られた時、私に「利尻島滞在中にすごく面白い人と出会ったので紹介するよ」電話番号の書いたメモを渡してこられました。そのお相手は今では山旅人ですっかりお馴染みの秋田県白神山地の佐々木伊作さんです。バス
のドライバーでもあり、旅のコーディネーターでもある東北のスペシャリスト。当時、起業1年目の私にとって、とてもありがたい存在でした。トップシーズンの貸切バスをはじめ人気の宿もサクサクと手配して下さり様々なプランが実現可能となりました。今でも佐々木さんは、バス乗務こそ降りたものの、とても頼りになる掛け替えのない存在です。そんな佐々木さんの地元ネットワークで、一番最初に紹介して頂いたガイドが秋田白神のトップガイド、斉藤栄作美さん。このお二人なくして、山旅人の大人気ロングセラーツアー「白神山地探訪」は存在しません。
小林ガイドの利尻での一声から始まったご縁は今でも数え切れない方々を繋ぎ続けています。小さな出会いでも大事にする事が大切だと学ばせて頂きました。

 

コメントは受け付けていません。

2021.09.23うっきーの但馬探訪 ~夏の但馬は魅力いっぱい編~2021.09.29山旅人の旅を案内するガイド紹介 超マルチガイドの九州男児 高野努さん

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ