ブログ

好評につき秋にも募集決定!山や自然の絵を描いてみませんか♪ お気楽アウトドア絵画教室

秋は1泊2日で関西エリアを予定しております

11月頃 1泊2日 関西エリア・行先検討中
少しでもスケッチに集中出来る様、各々いつでもお好きな時間に来て頂ければ、お茶やランチをご用意します。

こんな時だからこそ
新しい事をはじめるきっかけになれば嬉しく思います。
母に「大自然をモチーフにするスケッチの旅の講師は出来る?」と聞いたところ「ニーズがあるなら喜んでしますよ」と言ってもらったので本プランを考案、7月に上高地・乗鞍周辺の2泊3日でツアーを実施させて頂きました。ご参加のお客様にはとても楽しんで頂け、手応えを感じたので秋にも実施する事にしました。この夏にご参加頂いたお客様からの希望もあり、秋は手軽に楽しめて移動時間も短い1泊の関西エリアで検討中です。私もこれを機に絵を始めています!皆さん、一緒に学びませんか?ちなみにうちの母、アウトドアは全くの未経験者なので、その点は逆にご指導をよろしくお願いします。(*^^*)

株式会社山旅人 代表 堀祐希

山旅人の自社タクシー利用 1日中、自然の中でゆったりと過ごす山旅

・募集定員7名様 少人数制なので、お聞きになりたい事を講師が個別で丁寧に対応します。
・どなた様でも比較的気軽に楽しめる「水彩画」です。
・参加者ひとりひとりのペースや意向に合せて講師がアドバイスします。
・全く初めてという初心者の方でもイロハのイから親切丁寧にお教えします。
・経験者の方も、そのレベルに合わせたアドバイスをさせて頂きます。
・ご希望の方には絵の具や筆、スケッチブック等、スケッチに必要なものは弊社で準備する事も出来ます。(別料金 約5000円)

【先行予約受付中】ご希望の方がお集まり次第、日程や詳細を決定します。

ツアー行程イメージ
①各地=季節・天候に合わせて行き先を決定 (終日スケッチ)=ホテル(泊)
②ホテル=季節・天候に合わせて行き先を決定 (終日スケッチ)=各地
貸切のジャンボタクシーで、その季節や天候に合せた場所へご案内。
必要に応じて講師が個別指導しますので、お気軽にお声がけ下さい。
時間の許す限り、スケッチを楽しみます。
もちろん時間は自由に使えますので、少し疲れたら本を読んだり
周辺を散策するのも良いでしょう。
同行スタッフが常時お茶やお茶菓子、昼食等をいつでも出せるように
セットしておりますので疲れた時やお腹の空いた時は
自由に休憩して頂けます。
山と自然が大好きな方なら、きっと一度は
「この素晴らしい景色を絵に描けたら楽しいだろうなぁ」と感じた事があるのでは…
これを機に、新しい山と自然の楽しみ方にトライしてみませんか。

堀新子作 「シラネアオイ」 「吉野の桜」

講師 堀新子 プロフィール

堀新子は大阪生まれの兵庫育ち、生粋の関西人。
京都美術大学卒業後、3人の男児の子育てに追われ、遅まきの再スタートとなったが全国的な公募展入選をきっかけに創作活動を本格的に再開。
納得のいく迄写生と製作に時間をかけ、多作はできない作家。
画壇にしばられる事なく、個展、グループ展で鑑賞して下さる方々に感動してもらうことが喜びと言う。
”花”の作品の気品と美しい色彩にはファンも多い。
20年程前、アフリカの方々との出会いをきっかけに、その民族衣装の斬新な色調や躍動感あふれるデザインに魅せられて以来アフリカもテーマに描き、日本とアフリカの文化交流をライフワークにと活躍。
現在に至る。

略歴
1968年   京都市立美術大学(現、芸大)日本画科卒業
(在学中の師は上村松篁、秋野不矩、他)
1978年より 「第三文明展」出品 (6回入選) 東京都立美術館
1981年より 「グループ箴展」にて毎年作品発表 府立現代美術センター
1993年    松岡政信氏に師事(2003年迄)
1995年    府立現代美術センターにて 個展 〔花〕 開催
1999年    大丸梅田店にて 個展 〔花・いのちの輝き〕 開催
2000年    ドイツ美術賞展 入選
2001年    大丸東京店にて 個展 〔花・いのちの輝き〕 開催
2002年    大丸梅田店にて 個展 〔花・いのちの輝き〕 開催
          ナイジェリア・エヌグ国立美術館 国際展出展
2004年    オーストラリア・ケアンズ国際展出展
2005年    大丸梅田店にて 個展 〔花・いのちの輝き〕 開催
2006年    三越池袋店にて 個展 〔いのちの讃歌〕 開催
2008年    ハワイにて IGS展 出展

コメントは受け付けていません。

2021.07.20ニッコウキスゲの野反湖と 美景チャツボミゴケ公園2021.07.25南沼テント1泊で往復するゆとりの行程 花咲き誇るトムラウシ山

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ