ブログ

花咲き誇る暑寒別岳と絶景 雨竜沼湿原

山旅人専属ガイドの津森豊です!

北海道の花の山、暑寒別岳に行ってきました。

暑寒別天売焼尻国定公園 増毛山地の主峰 暑寒別岳

 花真っ盛りの夏の北海道。石狩平野の北部、増毛山地の主峰で花の名山として知られる暑寒別岳を訪れます。湿原の花も、稜線の花も、様々な草木の花々を楽しめるこの時期、1日かけて花と景色を楽しむ登山を楽しみましょう。雪解け直後の湿原にはミズバショウやザゼンソウ、稜線にはエゾノハクサンイチゲやチングルマ等、夏の花々が咲き乱れます。

長丁場の登山道ではありますが、急坂というよりは緩やかな登りが延々と続くイメージなので花々を愛でて歩けば快適です。美しい木々の緑と残雪の山々の景色も満喫出来ます。残念ながら3日目に行く予定だった雨竜沼湿原は、アプロ―チ林道の吊橋の修復工事のため、行くことが出来ませんでしたので代替えとして神居尻山へ。遠望する暑寒別岳の景色が美しい素晴らしい山でした。

現地ガイド:星野千春さん サブガイド&添乗:津森豊

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!

 

 

初日、増毛の宿に到着。星野千春ガイドと合流して明日からの山のミーティングです。

 

お宿はオーベルジュましけ。地産地消の地元食材を活かした創作料理を贅沢にコースで楽しむ素敵なお宿に2泊です。

 

 

日本海に沈む夕日。明日は良い天気になりそうです。

 

暑寒別岳登山口にて。早速マイヅルソウのお花畑からスタート。

 

ミズナラの巨木とチシマザサの森を抜け、暑寒別岳の展望が徐々に開けてきます。片道8.6㎞。長い登山は始まったばかり。

 

残雪ポイントを3か所抜けて、

 

森林限界を超えたなだらかな稜線をどんどん進んで行きます。

 

高山植物のお花畑に到達。

 

青い空、爽やかな風、残雪の冷気、お花畑と山々の景色。

 

まさに別天地。

 

歩きやすい登山道をお花畑を愛でながらどんどん進んできます。

 

本当にきれいですね~。

 

今回のベストショット。

今回、特に多く咲いていたのがエゾノハクサンイチゲ。青空との相性が抜群な花です。

 

全員、順調に登頂。周囲の山々を見渡す360°の大展望の中で、ゆっくりと過ごしました。

 

暑寒別岳頂上にてチーズ!

 

今回出会った沢山の花々の一部を紹介します。

 

 

 

 

 

そして、暑寒別岳周辺の固有種 マシケゲンゲ。

マシケレイジンソウ。出会うことが出来ました!

 

下山は同じルートを下りますが、また景色が変わって美しい稜線を楽しめました。

 

北海道の山は雄大ですね!

 

歩行時間9時間。休憩も入れて行動時間11時間のしっかり歩きでした!

 

オーベルジュましけに帰ってカンパイ!日本海に沈む夕日を見ながらのコース料理の夕食はとても贅沢でした!!

 

翌日は雨竜沼湿原へのアプローチ林道が開通せず、代替えとして神居尻山へ。

 

暑寒別岳と打って変わって急峻な稜線歩きが楽しい山です。

 

今日も天気は最高。遠くに昨日登った暑寒別岳がそびえています。

 

森林限界の尾根を進み、

 

アップダウンの稜線を丁寧に進みます。

 

神居尻山頂上にて、こちらも360°の大展望。

 

集合写真をチーズ。

 

展望の良い尾根歩きが楽しい神居尻山でした。

 

3泊目は新十津川温泉グリーンパークしんとつかわさんにお世話になりました。こちらも地元食材をふんだんに活かしたボリュームあるお食事に大満足!

 

最終日はバラ園や、

 

農場見学とこだわりソフトクリーム。

 

4日間好天にも恵まれ最後まで大満喫の4日間でした。

花の暑寒別岳、素晴らしいコースです。ご興味のある方は行きたい山の候補に入れてみては如何でしょうか。津森

コメントは受け付けていません。

2021.06.28蟻の塔渡りから戸隠山と360度の展望 飯縄山 2便目2021.07.04岳人の森 夏の花散歩と 四国の深谷 納涼滝巡り

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ