ブログ

山旅人の旅を案内するガイド紹介 超マルチガイドの九州男児 高野努さん

山岳ガイド 高野努さん
ヨーロッパやアメリカ等の海外ハイキングからご当地酒場巡りや寅さんのロケ地巡り…さらに3,000mの雪稜登攀や沢登り、そして遍路旅まで。超マルチガイドの九州男児、高野努さんをご紹介させて頂きます。
山旅人との出会いエピソード

出会いは山旅人を起業する少し前。私(堀)がまだ前社に勤めている頃でした。小林孝二ガイドと二人で兵庫県の雪彦山にツアーのガイドをしていた時、他社のガイドされていた高野さんと山頂で出会いました。高野さんは、以前小林さんが勤めていた会社の後輩。高野さんも近々フリーランス(会社に属さない個人経営のガイド)になられるとの事だったので、小林さんが紹介してくれました。もう20年以上前の話なので私達もまだ若く、当時の登山旅行業界といえばあまり若いガイドさんがいなかった為、私と年の近い高野さんにはとても期待しました。その期待に裏切られることなく、フリーになられた後、様々な山旅人のツアーで活躍され今日に至ります。

高野努さんはこんなガイドさんです

国内外、そしてジャンルを問わない超マルチガイド
大分県臼杵市出身。神戸大学法学部を卒業し、一度は法律事務所に就職したのですが「好きな事を仕事にする」という人生に魅力を感じて退職。ガイドの道を歩む事となりました。どのガイドさんも登攀が得意なら散策系が苦手、またその逆だったりというのが一般的。しかし、高野ガイドは違います。3,000mクラスの厳冬期、登攀で雪稜を行くような厳しいコースを案内するかと思いきや、全国の大衆酒場を巡り歩く「酒場巡り」をはじめ、松竹株式会社さんのオフィシャル寅さんロケ地ツアーのガイドをしたり、そうかと思えばアメリカのドロミテハイキングやヨーロッパの山々も案内。さらには四国遍路の公認先達の資格もあり、巡礼の旅もこなす超マルチガイドです。

ガイド技術を維持する為には勉強し続ける事が大切
「どんな講習会でも予算と時間が許す限りは参加して学びますよ」と話される高野ガイド。私達から見ても、学びに対する姿勢が人一倍強く、常に技術や知識を向上させる為の努力は惜しまないという印象があります。日本の場合、今のところ国が定めたガイド資格というのがありませんが、例えば常に新しい事を学ぶ事により、セルフレスキューの知識ひとつをとっても国内外で発生したいろいろな事故事例を基により安全で確実な対処法を研究し、情報は常に最新のものに更新されます。どんどん更新される最新情報を取り入れ、参加者へ安全・安心な山旅を提供する事に重きをおかれています。現在は日本山岳ガイド協会のガイド試験検定員としても活躍され、全国の登山者の安全にも貢献されています。

比較的もの静かな方ですが、お話のボキャブラリーが豊富なので質問すると延々と答えてくれます。少人数で静かに山を楽しむという旅にピッタリのガイドさんです。お一人様、もしくは数人のお友達同士などの貸切ガイド山行も案内されますので、ご興味のある方は山旅人までお問合せ下さい。

プロフィール
公益社団法人日本山岳ガイド協会 認定 山岳ガイドステージⅠ・スキーガイドステージⅠ

NPO法人日本雪崩ネットワーク 認定 雪崩業務従事者レベル1
日本登山医学会認定 ファーストエイドBasic Provider
Wilderness Medical Associates Japan 認定 Wilderness First Responder(野外救急法8日間80時間のコース修了)
社団法人日本旅行業協会 公認 総合旅行業務取扱管理者・総合旅程管理主任者
全九州アルパインガイドクラブ 理事

※ご注意※ 尚、高野ガイドはお酒が一定量を超えると若干面倒な場合もありますのでご注意下さい。その時は速やかに山旅人添乗員までご相談下さい。m(_ _)m

高野ガイドが案内する今イチオシのお薦めプラン♪
風光明媚 臼杵の山桜と 大入島望海散策・佐伯の鮨満喫
2022年も3月に募集する予定です。ご予約希望の方はお問合せ下さい。

 

 

コメントは受け付けていません。

2021.09.23ロングセラーには訳がある 奇跡の森を訪ねて 白神山地探訪2021.09.29こばやし旅クラブ 標高3,000mの独立峰 木曽の名峰 御嶽山

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ