天然林と望海の尾根 常神半島縦走



天然林と望海の尾根 常神半島縦走

地域山域 中部関西
レベル 登山>レベル3+
担当ガイド 武村 美一
出発日 2020年04月07日(火)
催行状況 募集中
旅行日数 2泊3日
旅行代金 99,000
出発場所 三宮・大阪発
募集定員 8名 最少催行 5名

食事 朝2 昼1 夕2
宿泊 ①②猟師宿 民宿潮屋
行程 ①三宮(7:20)=大阪(8:10)=海津大崎(散策)=梅丈ヶ岳(395m)=神子(泊) ②神子=三方五湖レインボーライン…常神半島山稜線…常神(国の天然記念物のソテツ)~<漁船で歩いた稜線を見ながら移動>~神子(泊)③神子(漁船から山の斜面一面の山桜を見学)=(昼食)=各地(18:00予定) ※天候により初日と最終日を入れ替えます。
備考

 

今シーズンお勧め 登山マップに載っていない静かな天然林

海津大崎の名桜を見学したあと福井県の言わずと知れた景勝地、三方五湖を見下ろす常神半島へ。半島最高峰となる好展望の梅丈ヶ岳立ち寄り、翌日はそこから緩やかに伸びる稜線を縦走します。登山地図にも記載されていない不明瞭な尾根ですが、ガイドがルートファインディングをしますのでご安心下さい。人と会うことはめったに無い静かな稜線では心地よい春の天然林と海の景色が楽しめます。下山は推定樹齢1,300年、国の天然記念物のソテツがある常神集落へ。宿の漁船が迎えに来てくれます。自分たちの歩いた稜線を海から眺めてお宿へ向いましょう。もちろん新鮮な魚料理にご期待下さい。翌朝は山の斜面いっぱいに咲き誇る神子の山桜を漁船から見学。盛りだくさんの贅沢な山旅です。

おすすめツアー

コメントは受け付けていません。

もどる

           

出発日から

地域・山域から

ツアーレベルから

旅行日数から

ガイドから検索

フリーワード検索


電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ