駒ノ小屋に泊る 紅葉の会津駒ヶ岳から中門岳



駒ノ小屋に泊る 紅葉の会津駒ヶ岳から中門岳

地域山域 東北
レベル 初めての方にお勧め登山>レベル3+
担当ガイド 武村 美一
出発日 2019年10月01日(火)
催行状況 残席あとわずか
旅行日数 3泊4日
旅行代金 149,000
出発場所 JR利用
募集定員 10名 最少催行 5名

食事 朝3 昼0 夕3
宿泊 ①③旅館ひのえまた ②駒ノ小屋(自炊)
行程 ①新大阪駅(8:50予定)-京都駅-<新幹線>-那須塩原駅=檜枝岐温泉(泊)②檜枝岐温泉=登山口…駒ノ大池…会津駒ヶ岳(2,132m)…中門岳(2,060m)…駒ノ小屋(泊)③駒ノ小屋…登山口=檜枝岐温泉(泊)④檜枝岐温泉=那須塩原駅-<新幹線>-京都駅-新大阪駅(17:23予定)
備考 ※自炊企画 寝袋不要(小屋に布団有り)・装備分担無し ※天候が良く、登山道のコンディションに問題が無い場合はキリンテへ縦走します。 その場合、2日目のコースデータがプラス1時間となります。

 

紅葉の広葉樹林から
池塘広がる草紅葉の稜線へ
この山の一番の魅力は、会津駒ヶ岳から中門岳に広がる草紅葉と池塘が織り成す景色でしょう。多くの登山者が日帰り登山で、会津駒ヶ岳だけの往復で帰っていく中、山旅人は稜線の「駒ノ小屋」に泊り、ゆとりを持って中門岳まで足を延ばします。中門岳へ行かずして会津駒を語るなかれ。とても素敵な場所です。

『紅葉の会津駒ヶ岳から中門岳』の過去のツアーブログはこちらをクリック

併せて見て欲しい『稜線泊りに価値がる。絶景 草紅葉と池塘の会津駒ヶ岳と中門岳』は、こちらをクリック

おすすめツアー

コメントは受け付けていません。

もどる

           

出発日から

地域・山域から

ツアーレベルから

旅行日数から

ガイドから検索

フリーワード検索


電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ