大峰奥駈道の原生林を楽しむ 静かな山泊 晩秋の行者還岳



大峰奥駈道の原生林を楽しむ 静かな山泊 晩秋の行者還岳

地域山域 関西
レベル 登山>レベル3+
担当ガイド 長谷部 亮
出発日 2019年11月11日(月)
催行状況 あと少しで催行決定
旅行日数 1泊2日
旅行代金 63,000
出発場所 三宮・大阪発
募集定員 8名 最少催行 5名

食事 朝1 昼0 夕1
宿泊 行者還小屋
行程 ①三宮(7:10)=大阪(8:00)=行者還トンネル西口…奥駈出合…行者還岳(1,546m)…行者還小屋(泊)②行者還小屋…行者還トンネル東口=(入湯)=各地(15:00予定)
備考 ※自炊企画 寝袋要(レンタル可/無料)・装備分担500g

 

台高山系から大峰の稜線を眺めると、ひときわ目を引くサメのヒレの様な山容のピーク。行者還岳は山上ヶ岳や大普賢岳、もしくは八経ヶ岳、釈迦ヶ岳といった大峰を代表する有名な山々とは違い、言わば少し地味な山です。しかし、その稜線となる大峯奥駈道の深い原生林の美しさは登山者の心を奪います。登山道は落ち葉の絨毯となる晩秋の奥駈道。大峰の深い懐に泊まり、静かに森の鼓動を感じる山行です。

おすすめツアー

コメントは受け付けていません。

もどる

           

出発日から

地域・山域から

ツアーレベルから

旅行日数から

ガイドから検索

フリーワード検索


電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ