ツアー検索

百花繚乱 越後の花山歩き 角田山・樋曽山・弥彦山



百花繚乱 越後の花山歩き 角田山・樋曽山・弥彦山

                   
地域山域 中部
レベル 登山>レベル3
担当ガイド 小林 孝二
出発日 2022年03月31日(木)
催行状況
旅行日数 2泊3日
旅行代金 128,000
ツアー番号 105239
募集定員 12名 最少催行 5名

食事 朝2 昼0 夕2
宿泊 ①②弥彦温泉 お宿だいろく
行程 [行程]小林孝二ガイド案内 ①伊丹空港(9:20予定)→新潟空港=弥彦神社<ロープウェイ>山頂駅…弥彦山(634m)…山頂駅<ロープウェイ>弥彦神社=弥彦温泉(泊)②弥彦温泉=登山口…角田山(481m)…登山口=弥彦温泉(泊)③弥彦温泉=登山口…樋曽山付近…登山口=(入湯)=新潟空港→伊丹空港(18:55予定)
備考 コースデータ ①1時間 ②③3~4時間程度

 

こばやし旅クラブ 雪割草とカタクリの大群落 春の山野草満喫山歩き

草丈は約10cm、花径は約1cmの可憐な山野草オオミスミソウ
山を歩いて花をたっぷり楽しむ3日間の旅

花の多い越後の山の中でも、弥彦温泉周辺の低山は群を抜きます。初日は播州の雪彦山、福岡の英彦山と並び日本三彦山のひとつに数えられる弥彦山。翌日は登山道に延々とカタクリと雪割草が咲く角田山。関東方面からの登山客が多い人気の山ですが、朝一番に入山すれば混雑を避ける事が出来て快適。最終日は秘境的な低山、樋曽山。踏まないように歩くのが難しいくらい山野草が咲き乱れ登山者を驚かせます。

色や形が違っても全部
オオミスミソウです♪

越後でいう雪割草はオオミスミソウを指します。数センチの小さな背丈に可憐な花をつけます。紫、白、ピンク、青など色とりどりの花が登山者を楽しませてくれます。角田山、樋曽山ともにオオミスミソウの群生地となっているのでご期待下さい。

皆様の細かいご要望にお応えする自由な旅 こばやし旅クラブへのお誘い

ご入会方法等についてはこちらを御覧下さい

 

おすすめツアー

コメントは受け付けていません。

もどる

フリーワード検索

出発日から

地域・山域から

ツアーレベルから

旅行日数から

ガイドから検索


電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ