姫島の最高峰 姫島矢筈岳と車海老三昧 中津のシンボル 八面山



姫島の最高峰 姫島矢筈岳と車海老三昧 中津のシンボル 八面山

地域山域 九州・沖縄
レベル 登山>レベル3
担当ガイド 高野 努岡本 哲也
出発日 2021年05月16日(日)
催行状況 募集開始
旅行日数 3泊4日
旅行代金 128,000
出発場所 フェリー利用
募集定員 8名 最少催行 4名

食事 朝2 昼2 夕2
宿泊 ①③船中泊 ②安西旅館
行程 [行程]高野努ガイド案内・岡本哲也添乗員同行 ①大阪-六甲アイランド港(19:00予定)~<寝台利用・船中泊>~②~大分港=伊美港~姫島港=登山口…矢筈岳(267m)…登山口…姫島七不思議散策=姫島(泊)③姫島~伊美港=登山口…八面山(659m)…山頂駐車場=(入湯)=大分港~<寝台利用・船中泊>~④~六甲アイランド港(6:35予定)
備考

 

八面山の登るだけ登山と神秘 姫島七不思議巡り、そして美味 姫島車海老も

青い海と空 姫島を歩く

この山旅のお勧めポイント…

姫島最高峰 矢筈岳に登頂
なんと姫島周囲を見渡せるパノラマ展望。9万年前の複合溶岩ドーム、姫島富士とも呼ばれる端正な山容です。標高267mですが侮るなかれ… 結構な急登が皆様楽しませてくれます。
5月中旬、姫島にはアサギマダラが飛来します。もしかするとご覧頂けるかも?
姫島七不思議を巡る
姫島は島名の通り、お姫様にまつわる数多くの言い伝えがあり、姫島七不思議として語り継がれています。
ガイドのお話を聞きながら神秘的な風景をお楽しみ下さい。
姫島の料理民宿で車海老三昧♪
海流の早い周防灘。そこで育つ身の引き締まった魚介類は全国の食通をもうならせる上質な旨味が楽しめます。
中でも姫島車えびを使った料理は絶品なのでご期待下さい。
中津のシンボル 八面山
四方八方どこから見ても同じ姿をしているところから八面山と呼ばれています。山岳仏教の修験の山で、それらにちなんだ名跡も数多くあります。今回のルートはしっかり登って、山頂で終了という膝に優しい「登るだけ登山」で楽しみます。
ご案内するのは大分在住の高野ガイド
全国どのガイドも同じですが、昨年はガイドの仕事がとても少なくなりました。高野ガイドも例年なら国内外の登山ガイドでスケジュールはいっぱいになる予定でした。しかし昨年は時間がゆっくりとれる事となり、ならせっかくなのでと時間を見つけては生まれ育った地元大分の山々を巡り歩き、とても素敵な山やスポットを見つけては企画を検討されています。今回はその中でもかなりの完成度で自信の企画です。数多く視察した中で特にお気に入りの2つの山、ひとつは展望の素晴らしい姫島の最高峰、矢筈岳。もう一つはしっかり登り、下山は車で下る行程で組んだ中津のシンボル八面山。さらに姫島七不思議と呼ばれる散策ルートや姫島名産の車海老までをも楽しむ盛りだくさんで魅力ある山旅です。

アサギマダラの飛来に出会えるかも(写真 安西旅館提供)と姫島七不思議のひとつ拍子水。天然に湧き出る炭酸水

車海老しゃぶしゃぶプラン(写真 安西旅館提供)と八面山小池
フェリーは2名様で1室利用
添乗員の岡本哲也より皆様へ

風光明媚で神秘の島、姫島。私もすごく気になっていた場所なので、ツアーに出来てとても嬉しく思います。姫島は低山ですが登り応えのある急坂もあり、達成感も味わえます。中津の八面山はしっかり登りますが、山頂直下に車をまわせますので、膝に優しい「登るだけ登山」で楽しみましょう。

高野努ガイドは長いおつきあいで、山旅人創業当初からお世話になっているガイドのひとりです。国内外の登山はもちろんの事、史跡名勝の散策やお遍路旅までこなす知識力のとても高いマルチジャンルのガイドです。様々な情報を持っておられ、旅に関するお話がとても面白いのでご期待下さいね。少しおとなしい方ですが、私がその分賑やかなので丁度良いかと思います。

久しぶりに登山するという方、私がしっかりとサポートしますので、どうぞ安心してご参加下さい。

本ツアーの新型コロナ感染症対策

・往復フェリーと現地のお宿は2名様1室利用で手配
・現地移動は貸切バスを利用 2席をお一人様でご利用頂きます。
・8名限定の少人数募集で可能な限り、密を避けたプランです。

 

 

おすすめツアー

コメントは受け付けていません。

もどる

フリーワード検索

出発日から

地域・山域から

ツアーレベルから

旅行日数から

ガイドから検索


電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ