アフリカ大陸最高峰 マチャメルートで登る キリマンジャロ5,895m登頂



アフリカ大陸最高峰 マチャメルートで登る キリマンジャロ5,895m登頂

地域山域 海外
レベル 登山>レベル4
担当ガイド 津森 豊
出発日 2020年01月03日(金)
催行状況 残席あとわずか
旅行日数 12日間
旅行代金 698,000円 個室追加料金 ビジネスクラス追加料金 お問い合わせ下さい
出発場所 伊丹空港発
募集定員 10名 最少催行 6名

食事 全食事付
宿泊 行程表の通り
行程 ①伊丹空港(19:00予定)→羽田空港→機内泊 ②→ドーハ空港→キリマンジャロ空港=モシ(泊) ③モシ=マチャメゲート…マチャメキャンプ(テント泊) ④マチャメキャンプ…シーラキャンプ(テント泊) ⑤シーラキャンプ…バランコキャンプ(テント泊) ⑥バランコキャンプ…カランガキャンプ(テント泊) ⑦カランガキャンプ…バラフキャンプ(テント泊) ⑧バラフキャンプ…ステラポイント…ウフルピーク(5,895m)…バラフ…ミレニアムキャンプ(テント泊) ⑨ミレニアムキャンプ…ムエカゲート=アルーシャ(泊) ⑩アルーシャ=アルーシャ国立公園サファリ=キリマンジャロ空港→ドーハ空港→(機内泊) ⑪→成田空港=東京(泊) ⑫羽田空港→伊丹空港着(10:00着)
備考 ※津森豊がガイドとして伊丹発着で同行します。

 

高度順応と快適性を考慮した行程
マチャメルートで登る!

マラングルートが一般のルートですが、あえてなぜにマチャメルート?キリマンジャロに多く案内し、いろいろ研究している山旅人ならではの秘策が盛り沢山。その中でも1番のポイントは登頂日!マラングルートからはギルマンズポイントに登り、その後最高峰ウフルピークまで、さらに2時間もかかります。マチャメからはステラポイントに登り、ウフルピークへはたったの1時間で登頂できます。往復で1時間30分~2時間も違ってきます。さらに一般ルートはバンガロー(4名1室)や小屋(10~20人の大部屋)です。高所では夜のトイレ利用回数が多く、その度建付の悪いドアがギーギー、登山靴で板張をドンドン、緊張している心境の中、さらなる睡眠のさまたげはゴメンです。他のグループや外国人との相部屋は、荷物の管理、不要な気遣いも大変。マチャメルートはテントです。2名1張または1名1張(追加料金)です。荷物は出しっぱなしOK、人を気にせずテントにいれるなど気持ち的にも快適なのです。バンガローも小屋もテントも、いずれもトイレは外です。
食事はプライベートの食事テントです。他のグループと時間の取り合いもなく私達のペースでいけます。
食事にもこだわりを持っています。朝はおかゆが追加メニュー、また同行ガイドによる日本食も提供します。
現地ポーターが荷物、寝袋、テント、食料を毎日運んでくれますので皆さんは日帰りの装備で歩けます。

アフリカ最高キリマンジャロ峰5895m
キリマンジャロ登山?「未知なる高さ、未知なる大地、私は無理」と決めつけておられる方が多くいます。登山家や健脚者のみまた若い人たちだけが行ける山と思っていませんか?山旅人では最高齢登頂者75歳です!
しかし誰でも登れる山でもありません。参加基準は、「富士山以上の高さに行って高山病にならなかった方」です。
以前、他社の弾丸ツアー富士山に参加して登れなかった方をゆったりプランで富士山に案内し、5000mの中国・大娘姑山登頂を経て夢のキリマンジャロへ登頂出来たという方もいらっしゃいます。また以前他のガイドとキリマンジャロに挑戦したが山頂に立てなかった方もこちらのツアーで山頂に立てています。高さや登山レベルをステップアップ!
「高山病」に対しての知識や予防法の他、しっかりとした登山や食事&心のケアが出来るガイドと登ることをオススメします。アフリカ最高峰に足跡を残しに行きましょう!
興味のある方には更に詳しいご案内をお送りします!
お気軽にご請求下さい。

高千穂ガイドの『行った気になれる海外ツアー説明会』は、こちらをクリック

『高千穂有康ガイドの高所登山トレーニング 無理のない昼山行 富士山』は、こちらをクリック!

『キリマンジャロ、マチャメルート』を含んだ過去のツアーブログはこちらをクリック

 

『キリマンジャロ、マチャメルート』を含んだ過去のツアーブログはこちらをクリック

おすすめツアー

コメントは受け付けていません。

もどる

           

出発日から

地域・山域から

ツアーレベルから

旅行日数から

ガイドから検索

フリーワード検索


電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ