奇岩と巨岩が連続する展望縦走 右田ヶ岳



奇岩と巨岩が連続する展望縦走 右田ヶ岳

地域山域 中国
レベル 登山>レベル3
担当ガイド 武村 美一
出発日 2021年01月27日(水)
催行状況 残席あとわずか
旅行日数 2泊3日
旅行代金 138,000
出発場所 JR利用
募集定員 8名 最少催行 4名

食事 朝2 昼0 夕2
宿泊 ①②ルートイン防府駅前
行程 [行程]武村美一ガイド案内 ①新大阪駅(8:00予定)-<新幹線・JR>-防府駅=天徳寺…石船山…右田ヶ岳(426m)…権限石祠…登山口=防府(泊)②防府=登山口…西目山(312m)…勝坂尾根…右田ヶ岳(426m)…塚原登山口=防府(泊)③防府=観光=防府駅-<新幹線・JR>-新大阪駅(17:00予定)
備考

 

真冬は天候が安定している山陽の山がお薦め 防府の名山 右田ヶ岳 陽だまり縦走

私が何度も何度も現地視察を繰り返し、このコース取りが一番という
ベストコースをつくりました。防府の名山をじっくりと楽しみましょう

初日はスタンダードな巨岩に彫り込まれた磨崖仏ルートを楽しみ、翌日は地元でアルプスを目指す人達のトレーニングとして人気のルートへ。西目山を縦走し、岩尾根の勝坂尾根をつめ、山城(右田ヶ岳城)が築かれていたという西峰へ。もちろん下山は両日とも別ルートで下ります。無数にある右田ヶ岳周辺の登山道に何度も通い、地元の方から情報を聞き出してベストコースをつくりました。この時期、西高東低冬型気圧配置になる事が多い日本列島。日本海に面した地域は大荒れとなりますが、瀬戸内海、太平洋に面した地域はとても天気が良くなります。さらに万一の悪天候にも備えて最終日を予備日にしました。

ガイド 武村美一

この山旅のお勧めポイント…

標高400mの低山ながら、奇岩と巨岩が連なり、まるでアルプスの稜線を切り取って、防府の町に置いたような山、右田ヶ岳と西目山。頂上からの景色は360度。森歩き、岩場の通過、パノラマ稜線、バリエーション豊富の山です。ガイドブックなどに紹介されているコースだけで無く、地元の方しか知らない様な素敵なルートもお楽しみ下さい。関西からは遠い場所ですが、今回は新幹線とタクシーを利用しますので快適。ホテルも2泊ともシングル利用なので気兼ねなくお過ごし頂けます。荷物はタクシーに預ける事が出来ますので、両日とも日帰り装備で登山が可能です。

 

 

本ツアーの新型コロナ感染症対策

募集定員8名様限定の少人数募集。宿泊は1名様1室利用
可能な限り密を避けたプランです

おすすめツアー

コメントは受け付けていません。

もどる

フリーワード検索

出発日から

地域・山域から

ツアーレベルから

旅行日数から

ガイドから検索


電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ