樹齢千年を超える巨木を訪ねて 大隅半島 神秘の巨木めぐり



樹齢千年を超える巨木を訪ねて 大隅半島 神秘の巨木めぐり

地域山域 九州・沖縄
レベル ゆらり
担当ガイド 馬場 康法
出発日 2020年03月28日(土)
催行状況 募集開始
旅行日数 2泊3日
旅行代金 138,000
出発場所 新大阪 JR利用
募集定員 15名 最少催行 7名

食事 朝2 昼2 夕2
宿泊 ①ホテル大蔵 ②アービック鹿児島
行程 ①新大阪駅(9:00予定)-<新幹線>-鹿児島中央駅=志布志の大楠=鹿屋市(泊)②鹿屋市=田崎の大楠=塚崎の大楠=旗山神社の大楠=鹿児島市(泊)③鹿児島市=蒲生の大楠=鹿児島中央駅-<新幹線>-新大阪駅(18:50予定)
備考

 

大隅半島へ巨木めぐりの旅。志布志の大楠(樹齢約1,300年)からはじまり塚崎の大楠(樹齢約1,200年)や旗山神社の大楠(樹齢約1,000年)など大隅半島は巨木の多い地域です。巨木の幹の太さや高さなどに圧巻。生命の神秘を感じます。旅のクライマックは日本一を誇る蒲生の大楠(樹齢約1,500年)へ。圧倒的な存在感です。

塚崎の大クス (写真提供:公益社団法人 鹿児島県観光連盟)
蒲生の大クス (写真提供:公益社団法人 鹿児島県観光連盟)
蒲生の大くす

 

コメントは受け付けていません。

もどる

           

出発日から

地域・山域から

ツアーレベルから

旅行日数から

ガイドから検索

フリーワード検索


電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ