草紅葉の尾瀬周遊 尾瀬沼から尾瀬ケ原へ



草紅葉の尾瀬周遊 尾瀬沼から尾瀬ケ原へ

地域山域 東北
レベル 登山>レベル2
担当ガイド 豊田 嘉英馬場 康法
出発日 2020年10月04日(日)
催行状況 キャンセル待ち受付中
旅行日数 3泊4日
旅行代金 180,000
出発場所 JR利用
募集定員 8名 最少催行 5名

食事 朝3 昼0 夕3
宿泊 ①旅館ひのえまた ②温泉小屋 ③旅館みゆき
行程 ①新大阪駅(8:10予定)-<新幹線>-東京駅-<新幹線>-那須塩原駅= 桧枝岐温泉(泊) ②桧枝岐温泉=沼山峠…尾瀬沼…見晴…温泉小屋(泊) ③温泉小屋…尾瀬ケ原…山ノ鼻…鳩待峠=尾瀬戸倉温泉(泊) ④尾瀬戸倉温泉=上毛高原駅-<新幹線>-東京駅-<新幹線>-新大阪駅(15:00予定)
備考

 

プロガイドが1年の中で一番お勧めしたい時期の尾瀬 風光明媚な草紅葉の尾瀬周遊

この山旅のお勧めポイント…

・広大な高層湿原が黄金色に染まる美しい尾瀬を周遊
・沼山峠からの最短ルートで入り、尾瀬ヶ原へと抜ける
 ゆとりと魅力のある山旅
・天然温泉の桧枝岐温泉。素朴ながらも味わい深い伝統の山人(やもうど)料理や
 免疫力を高めてくれる自家製の「舞茸酒」をお楽しみ下さい
・数ある尾瀬の山小屋の中で唯一温泉のある小屋、尾瀬戸倉温泉のみゆき荘は
 こだわりの自家製野菜をはじめとするお食事が特に評判のお宿です

企画担当責任者から皆様へ

時間をかけてゆっくりと過ごす秋の尾瀬

春夏秋冬、1年を通して魅力のある美しい尾瀬。冬は見るものすべてを白く埋め尽くす雪に覆われた世界。春は美しい新緑と雪解けの間から顔を出すミズバショウ。夏は湿原に咲くニッコウキスゲをはじめとする可憐な花々。そして今回訪れる秋の尾瀬は、朝もやの湿原に鏡のような池塘が点在。水面にはヒツジグサが浮かび、太陽の光が差し込むと草原の草紅葉は黄金色に輝きだします。昼になると秋の澄んだ青空と白い雲が沼や池塘に映り、爽やかな風は心地よく、草原の草紅葉をなでていきます。黄昏時は山の向こうに沈む陽が紅葉した山々の木々を照らし、カラマツの黄葉が夕日に照らされる瞬間は言葉を失う美しさです。そして静かな夜を迎えると、大空には満点の星々が瞬き始めます。草原の空は広く、秋の澄んだ空気は大地と宇宙の境目が分からなくなるほど。やがて訪れる長い冬を前にして、尾瀬のクライマックスとも言える美しい秋の風景を五感を使って心ゆくまでお楽しみください。

企画担当責任者 三木浩嗣

この旅を案内するガイド紹介

とても歩きやすいペースメーカーで毎回大好評の豊田ガイドがリードし、疲れを翌日に残さないセルフケアをレクチャーしてくれる馬場ガイドがアフター登山でもサポート。

ガイド:豊田嘉英さん ガイド:馬場康法さん
本ツアーの新型コロナ感染症対策
・移動するバスは20名乗りのマイクロバスを8名募集で利用
・1・3泊目の旅館は2名1室利用
・山小屋では個室(2~4名)を確保

 

 

 

 

草紅葉の尾瀬ヶ原と燧ヶ岳 写真提供「尾瀬の郷 片品村」

 

おすすめツアー

コメントは受け付けていません。

もどる

フリーワード検索

出発日から

地域・山域から

ツアーレベルから

旅行日数から

ガイドから検索


電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ