絶対に雷鳥が見られる?雪原散策 風光明媚 残雪立山と雷鳥



絶対に雷鳥が見られる?雪原散策 風光明媚 残雪立山と雷鳥

地域山域 中部
レベル 登山>レベル1
担当ガイド 武村 美一
出発日 2019年05月28日(火)
催行状況 募集開始
旅行日数 2泊3日
旅行代金 89,000
出発場所 大阪・大津発
募集定員 10名 最少催行 6名

食事 朝2 昼0 夕2
宿泊 ①千寿荘 ②雷鳥荘 
行程 ①大阪(8:00)=大津(9:10)=立山(泊)②立山=室堂…雪原を散策…雷鳥荘(泊)③雷鳥荘…雪原を散策…室堂=各地(18:30予定)
備考 ※6本爪以上のアイゼンが必要です。

 

里では初夏の陽射しと汗ばむ陽気のこの時期、立山連峰にはまだまだ多くの雪が残り、美しい山岳美を楽しませてくれます。室堂までバスで上がり、白銀の世界をガイドと共にゆっくりと散策しましょう。さらに山のいで湯、雷鳥荘でのお泊りも魅力的です。
この企画を案内するガイドは「冬毛と夏毛の中間状態の雷鳥が“絶対”に見られる」と言い切っております。
さらに「万に一つもありませんが、もしも雷鳥が見られない場合、私が責任をとり、皆様へ素敵なプレゼントを差し上げます」とも言っております。

コメントは受け付けていません。

もどる

出発日から

地域・山域から

ツアーレベルから

旅行日数から

ガイドから検索

フリーワード検索


電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ