世界遺産 屋久島 宮之浦岳から縄文杉縦走



世界遺産 屋久島 宮之浦岳から縄文杉縦走

地域山域 九州・沖縄
レベル 登山>レベル4
担当ガイド 小林 孝二
出発日 2020年05月25日(月)
催行状況 募集中
旅行日数 3泊4日
旅行代金 178,000
出発場所 航空機利用
募集定員 8名 最少催行 5名

食事 朝3 昼2 夕3
宿泊 ①③紫水館 ②新高塚小屋
行程 ①伊丹空港(10:30予定)→屋久島空港=(昼食)=安房(泊)②安房=淀川登山口…花之江河…宮之浦岳(1,935m)…新高塚小屋(泊)③新高塚小屋…縄文杉…ウィルソン株…トロッコ道…荒川登山口=安房(泊)④安房=<島内観光(昼食)>=屋久島空港→伊丹空港(16:40予定) ※自炊企画 寝袋要(レンタル可/無料)・装備分担約500g
備考

 

長年 島に通い続けたコンビで案内 世界遺産 屋久島

宮之浦岳から縄文杉を縦走すると前半は山岳パノラマ、後半は神秘的な屋久杉原生林を楽しめます。宮之浦岳と縄文杉はピストン日帰り登山が定番ですが、その場合2日間とも朝は暗いうちから歩き出す長丁場となり大変。ゆっくり山を楽しむ余裕はありません。縦走の場合、シュラフと少しの共同装備を負担するだけで1日の行動時間は大幅に短縮、展望や原生林もゆっくりと楽しんで頂けます。さらに単調なトロッコ道も下りの片道だけなので快適です。

ガイド 小林孝二

 

添乗員より皆様へひとこと

 おかげさまで、もう20年くらい屋久島に通わせて頂いておりますが、感動は今でも薄れません。初めて島に行く方に「どんな行程がお勧め?」という質問をよく受けますが、私は最初に行くならスタンダードな宮之浦岳から縄文杉の縦走をシンプルに歩くのが一番だと思います。いろいろ寄り道等も出来ますが、あまり欲張ると本来の素晴らしさを体感するゆとりが無くなるのでお勧め出来ません。絶対満足して頂く自信があります。 堀祐希

コメントは受け付けていません。

もどる

           

出発日から

地域・山域から

ツアーレベルから

旅行日数から

ガイドから検索

フリーワード検索


電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ