ブログ

コマクサの大群落を訪ねる燕山荘連泊 燕岳から北燕岳

アルプスの大パノラマを満喫出来る稜線の小屋に連泊する贅沢な山旅
そんな山はたくさんありますが、アルプスのガイドの方々が、よく話題にするのはこの燕岳。
この企画では燕岳の魅力に特化して楽しみます。
ほとんどの登山者は燕岳を日帰りしたり、燕岳から槍や常念岳方面へと向かいますが、
山旅人では燕山荘を拠点に燕岳から北燕岳へと足を延ばします。抜群の眺望の稜線歩きと人気の燕山荘で宿泊し贅沢な時間を楽しみます。
静かな稜線も魅力ですが、一番のお目当てはコマクサの大群生地。白肌の花崗岩と幾重にも広がるコマクサのお花畑は今年も一面ピンク色でした。

参加者の方限定のダウンロードサービスはこちらをクリック

山岳ガイド:岡本哲也・田中昭男さん

今年も行ってきました~!!この景色は私の一番のお気に入りです。北燕岳の稜線です。

4日間のスタート!!人気の燕岳へは何度も足を運んでいる方や久々にアルプスの眺望を楽しみたいと今回は楽しい6名様のご参加。お世話になった中房温泉ではカメラ慣れしてるワンちゃんもお見送りしてくれました。ありがとワン(^o^)

日本三大急登のひとつ合戦尾根を登って燕岳まで登りますが、急登といっても気持ちのいい森の中を歩き、休憩地点には毎回ベンチもあって、とても登りやすいです。イチヤクソウ、ゴゼンタチバナ・・・植物も次々でてきます。

第一ベンチ、第二ベンチ、第三ベンチ、富士見ベンチと休憩をとって次はこの看板(^o^)です。あと10分。この看板を見るとなんだか嬉しくなります。

5分歩いてまた元気になります。

そして合戦小屋にてみんなで甘くて美味しい水分たっぷりのスイカを頂きました。

合戦小屋からは合戦尾根の頭、分岐で休憩すると次は燕山荘到着です。中房温泉からの標高差は1,200mほど登りますが、登りやすくほんとおすすめ。そして燕山荘では食事も美味しいですが、その前に生ビールやケーキセット♪も最高です。高度心配な方は小屋では水も飲めるので水分をしっかりとって高度順応してのんびり過ごせます。

夕食時には赤沼社長から素敵なお話とスイスホルン演奏。心地いい優雅な時間をいつもありがとうございます。

小屋から見下ろすテント場の雰囲気も素敵です。テントの明かりがきれいです。

夜は満点の星空を見て、朝はご来光。朝晩は外界は30度を越えて暑いですがここでは防寒着を来てご来光を待ちます。玄関前からご来光と眺望を楽しめます。雲の間から槍ケ岳も、かっこいい形の燕岳も絵になりますね。

いよいよ日の出です。この日は4時45分でしたがそれまでの1時間~30分前ぐらいが空の色や雲海の変わり具合が素晴らしいです。

おはようございます。槍さん!

燕岳も赤く染まったり雲海から見え隠れするのがやっぱりいいですね。そして雲もなくなって真っ青なお空!!

朝食をいただいて北燕岳へ。両側にはコマクサがぎっしり!眺望もばっちし!これは間違いなく笑顔になりますね。

今年は花が多いような気がしますがやっぱりコマクサは可愛いですね。

ずっ~と向こうまでコマクサ大群生です♪

厳しい環境の中でこんなに綺麗に花を咲かせて花になるまで3年から5年もかかるそうです。これからも大切に見守ってあげたいですね。

他にもたくさんの高山植物が楽しめます。ヤマゼンコ、セリバシオガマ、ウサギギク

ハクサンフウロ、クロトウヒレン、チシマギキョウ

ミヤマクワガタ、キバナノコマノツメ、シュロソウ

タカネツメクサ、ミヤマダイコンソウ、ミヤマキンポウゲ

だれもいないお花畑でちょっとマスクをとってパチリ!!今年はコバイケイソウが当たり年ですね。

そして燕岳といえば白い花崗岩の稜線です。

今回は翌日の下山日が台風通過という事で結局その日に下山して有明荘に宿泊しました。

燕岳のコマクサの時期もいいですが次回は紅葉や残雪が望める時期にも検討したいと思います。

興味のある方はぜひお問い合わせ下さい。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

2021.07.30白馬連峰の懐で縁涼み 栂池自然園に泊る花散歩2021.07.302021年 7月~8月 休業日のご案内

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ