ブログ

後立山連峰の終着駅親不知へ 栂海新道縦走

山旅人専属ガイドの津森豊です!

高野努ガイドと一緒に北アルプス最北部の栂海新道縦走に行ってきました!

日本の屋根 北アルプス後立山連峰から海まで歩く この夏、達成感溢れる素敵な山旅に挑戦してみませんか

南北に大きく広がる飛騨山脈、通称北アルプス。最北に伸びるのは後立山連峰と称される白馬連峰。そこからさらに北へと続く栂海新道と呼ばれる縦走路は最終日本海まで続きます。その栂海新道、太田蘭三の長編山岳推理小説、脱獄山脈の舞台としても有名です。これまで北アルプスの各方面をいろいろと歩いた方なら、きっと一度は歩いてみたいと感じるルートのひとつではないでしょうか。今回は北又からアプローチし、朝日岳から後立山連峰の主稜線を親不知の海面までしっかりと縦走します。途中、無人小屋(又はテント)にも泊る長丁場だけに達成感もひとしお。募集限定6名様に対し、2名のガイドが同行。安心・快適な少人数の山旅です。自炊小屋を利用しますが、食材や食器、調理器具等すべてガイドが準備をしますのでご安心下さい。アルプスの雄大な景色と夏の花々を楽しみながら北アルプス後立山連峰の終着駅を目指しましょう。

ガイド:高野努さん ガイド&添乗:津森豊

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!

・・・という壮大な企画で期待して出かけましたが、残念ながら山行2日目が台風9号の影響で1日中行動不能で朝日小屋に停滞。縦走を断念してもと来た道を下山する結果に終わってしまいました。

 

初日はまずまずの天気。暑い季節ですが幸い曇り。意気揚々と歩き出します。

 

初日のイブリ尾根の標高差1,400m一気登り。皆様よく頑張りました。

 

無事に小屋に到着。本当はこの日の午後早々から台風が通過して夜の内に太平洋側まで通り過ぎてくれるのを期待して翌日予定通り栂海新道へ突入する予定でしたが、1日中悪天候が続いてしまい安全のため朝日小屋で停滞。

 

2連泊をした翌朝、残念ながら撤退を決めて下山です。小屋のご主人ゆかりさん。大変お世話になりました!また来年リトライします~

 

準備万端、気合十分で出かけた山行でしたが、

 

真に残念です。

 

夕日ヶ原から栂海新道の縦走路を眺め、

 

来年のリトライを胸に近いつつ安全に下山しました。

幾度も小説の舞台となった栂海新道。登山者憧れのコースです。来年是非リトライ企画として設定できればと思います。ご興味のある方はお気軽にお声がけお待ちしています。津森

 

コメントは受け付けていません。

2021.08.08最高峰日出ヶ岳と大台ケ原 東西ルート周遊2021.08.13キレンゲショウマ咲く 花の四国剣山と次郎笈

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ