ブログ

スタッフ浮田健一同行 うっきーの但馬探訪 年の瀬バージョン

地元の仲間達が総力をあげておもてなし
浮田健一の第二の故郷 但馬探訪の旅

浮田の第二の故郷、但馬の魅力をお伝えするシリーズ企画。
長年親しんできた但馬の仲間達に力を借りて皆様をおもてなし。
これまで浮田が添乗員として全国をまわり学んだ事を糧にして
仲間と一緒に魅力いっぱいの旅にプロデュースします。
今回はどんな旅になったのでしょう。

参加者の方限定のダウンロードサービスはこちらをクリック

旅は竹田城跡を眺める藤和峠から始まりました。

地元の方々に人気の蕎麦屋「殿様そば」さんで昼食

隆国寺で残り紅葉を堪能したら

次に浮田が案内した場所はなんと雪の世界!

林道をひたすら走って標高1000mを超えると樹氷の山が… 兵庫県最高峰の氷ノ山です。

大展望を楽しみました。

そして別宮(べっくう)の大かつらへ

棚田の向こうには樹氷の氷ノ山

お泊りは地元の山海の幸を楽しませてくれるハチ北の旅館「さかえ」です。サービス精神旺盛の若旦那は浮田の友人。ここの大奥さんのお料理は絶品です。星空鑑賞をしたかったのですが、残念ながら曇り空。また次回の楽しみに♪

さぁ、2日目もはりきっていきましょう。朝一番に訪れた場所は蘇武岳。山腹の女滝です。

そして稜線に上がると果てしなく続く山々と秋の空

ちょっと冒険しましょうか…

1000mクラスの雪山登頂!?

そんなお遊びを楽しんでいる間、浮田はマシュマロ入の手作りホットチョコレートをつくっていました。うまい!

次に訪れた場所は蘇武岳の向かい側となる鉢伏山方面。小型車しか入れない鉢巻展望台です。

遠く日本海まで望む素晴らしい展望でした。影は私(堀)です。

最後に訪れた場所は浮田が山旅人に入社する前に働いていた但馬高原植物園。浮田が皆さんをガイドして園内を周遊しました。

そしてレストハウスに戻ると、浮田が選ぶこの園でのお土産ベスト3皆さんにプレゼント♪

最後のサプライズはまさかの高級但馬牛のすき焼き&しゃぶしゃぶW鍋の食べ放題。浮田の友人がプランしてくれました。

ご参加の皆様、大満足。浮田健一の但馬探訪の旅は但馬牛でシメとなりました。

2日間ずっとワイワイガヤガヤと楽しい旅となりました。うっきー!お疲れ様!

浮田の但馬探訪は行程のすべてがサプライズ
初日は氷ノ山の頂上直下から蘇武岳や鉢伏山を眺め
翌日は朝から蘇武岳に上がり、氷ノ山と鉢伏山を眺め
その後、鉢伏山から蘇武岳と日本海を眺める。
秋晴れの但馬、高いところをたっぷりと周遊する旅に
なりました。
毎回特徴のある食事も魅力でした。
こんなに楽しめたのは但馬に住んでいた浮田に協力
してくれる人達のおかげです。ありがたいですね!
お天気の状況をみて行程を考える旅ならではの自由な
旅を2日間たっぷりとお楽しみ頂きました。

今回は秋に開催する予定が12月になってしまったので
少し心配しておりましたが、逆に初冬の時期を利用して
見事なまでに素敵な旅にアレンジました。
手前味噌になりますが、但馬探訪は素晴らしい旅です。

来年は2月、春、夏、秋に募集予定です。
是非皆様ご参加ください。期待は絶対裏切りませんよ!

ドライバー&サポート&監視役 山旅人代表 堀 祐希

コメントは受け付けていません。

2020.12.102021年1月 募集検討中ツアーのご案内2020.12.11ロマンチック紀伊半島周遊 海女小屋・青の洞窟・新横山展望台

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ