ブログ

10月15日出発 世界遺産 屋久島 宮之浦岳から縄文杉縦走 2便目

山旅人専属ガイドの津森豊です!

今回は世界遺産 屋久島のゴールデンコース 宮之浦岳から縄文杉縦走に行ってきました。こちらは2便目のブログです。

このコースは縦走に価値がある
縄文杉、宮之浦岳ともに日帰り山行がポピュラーですが、縦走すると1日の行程が短くなるというメリットだけで無く、登山者の往来が比較的少ない宮之浦岳と縄文杉の間の深い森を楽しんだり、人の少ない早朝の縄文杉を訪れたり、さらに皆さん泣きのはいる単調なトロッコ道も、緩やかな下りだけの片道歩きなので苦痛を感じません。 下山時間も早く、心にゆとりをもって登山を楽しめます。
・限定7名様のとても贅沢な山旅 2名以上のガイド、人数によってはさらに1名のボッカも同行します。
・山旅人のベテラン専任ガイドが添乗業務とガイドを兼務、さらに地元のガイドも同行でさらに安心快適。
・お宿は老舗の民宿旅館 紫水館。
 過去にご参加のお客様の中で「紫水館に泊りたいから、また屋久島に来ました」という方が続出するほど。古い建物ですがとても清潔で、地産地消のお料理とおもてなしが素晴らしい旅館です。

現地ガイド:高田秀明さん 松田浩和さん 添乗&ガイド:津森豊

 

世界遺産 屋久島の森

登山口を入ればもうそこは別世界。人と森とが写っている写真を見ていただければお解りの通り、木がデカすぎて写真におさまりません。津森が10年間培った添乗写真の撮影技術で縦写より大きく映る斜め撮りで撮影しています。このブログをご覧の際は、よろしければ首を斜めにしてご覧いただくと屋久島の自然の大きさがよりリアルにお解りいただけると思います。

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!

 

初日伊丹空港から出発して13:00に屋久島空港へ。紫水館の名物 屋久島のおもてなし料理をたっぷり召し上がっていただいた後、翌早朝に淀川登山口へ。

 

世界遺産 屋久島の森を歩き始めます。

 

朝日が森に差し込み幻想的な風景が広がります。

 

屋久島には数多くの苔が生え瑞々しく森の景観の主役の一つになっています。

 

淀川にて。清流の淀み。

 

世界遺産の森をどんどん奥に進んでいきます。

 

このルートで一番のヒメシャラの大木だそうです。屋久杉だけではなくこのヒメシャラやヤマグルマ、ハリギリなどの大木も主役です。

 

豆腐岩を眺め、来年の春の花ヤクシマシャクナゲの蕾を愛でながら進みます。

 

屋久島の自然に育まれる山野草を少しだけご紹介します。

 

モウセンゴケは屋久島では湿地にはあまり生息せず、常に水の流れる岩の斜面に自生します。湿気の多い屋久島ならではかもしれませんね。

 

森を抜け、ヤクシマザサが覆う緑の稜線は奇岩と巨岩の宝庫です。長い年月をかけて風化した自然の造形美ですね。

 

 

同心に帰って頭を柔らかく何に似ているか想像しながら歩くのも楽しいです。

 

稜線にオスのヤクシカが現れました!これはアップの写真ではありません。すぐ近くに立ち、キメのポーズで写真を撮らせてくれました~。

 

翁岳の鞍部にて、左から翁岳、安房岳、投石岳の三山です。さあ、頂上まであと少し!

 

宮之浦岳山頂にてチーズ!んん~景色は真っ白!!

写真左が高田秀明さん 右が松田浩和さん。山岳太郎所属の現地ガイドさんです。お二人とも優しくて、屋久島の自然や歴史に詳しくて、自分たちの私生活を含め地元愛を感じるお話満載。更にかっこいい!と今回のお客様から大好評でした!!屋久島の事を沢山聞けて、とても身近な気持ちになることが出来たと喜ばれていました~。高田ガイドはパプアニューギニアで生活をされた経験があり、南国をこよなく愛するガイド。普段の生活スタイルもパプアニューギニア式だそう。そんなガイドに南国の屋久島を案内していただけて光栄です。

 

でも雨に降られることなく、奇岩と巨岩の稜線を楽しみながら縦走することが出来ましたよ~。

 

再び巨木の森へ。目的地の新高塚小屋に無事到着です!皆様お疲れさまでした。

 

山旅人名物の屋久島鍋を囲んでかんぱーい!

 

翌朝から天気は雨模様。でも、それはワクワク楽しみの合図です!

 

屋久島の森は雨がよく似合うと地元の方々は言います。それもそのはず。霧にけぶる幻想的な屋久杉と雨のしずくで光るヒメシャラの大木。

 

森の瑞々しさが増し、果てしない年月をかけて形成された屋久島の森が元気に生きているという風景がリアルに実感できるからです。

 

この景色を見ているとちっぽけな人類と自然の偉大さを改めて感じます。いいよな~屋久島の森!

 

縄文杉も雨を喜んでいるかのように艶を帯びていました。

 

んん~。何度見てもデカい!

 

縄文杉と一緒にチーズ!

 

雨でも明るい森を楽しみながら下山です。

 

ウィルソン株のハートの空。今日は落ち着いた大人の雰囲気。トロッコ道も順調に進み。無事下山しました。

山旅人の屋久島縦走は20年間実績があり長年多くのお客様にご参加頂いた素晴らしいコースです。まだ行かれたことのない方は次回のご参加心からお待ちしております。津森

 

コメントは受け付けていません。

2020.10.17こばやし旅クラブ 紅葉の上高地から焼岳縦走2020.10.19東北のガイドと歩く下北半島 釜臥山・縫道石山・吹越烏帽子岳 恐山・仏ヶ浦… そしてリゾートしらかみ

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ