ブログ

スイスアルプス フラワーハイキング

山好きな方なら、一度は歩いてみたいスイスのアルプス。氷河を抱いた美しい山々を眺め、高山植物を楽しみながら、のんびりと歩きます。スイスは山岳交通機関が発達しているので、しんどい登りは殆ど無く、緩やかな下りを歩くのが大半です。今回は山頂に建つ山岳ホテルに宿泊し、朝夕の絶景も楽しんでいただきました。現地滞在中はずっと好天に恵まれ景色も花も楽しんだ10日間でした。

ガイド:沖本浩一さん 添乗:津森豊

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!(その1)

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!(その2)

沖本ガイドのホームページ掲載の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!

アイガー&ユングフラウをバックに走る高山鉄道。この旅ではハイキングだけではなく、都市を結ぶ幹線列車から高山列車、ゴンドラやロープウェイなど20路線以上の乗り物を利用するのも楽しみの一つです。

ユングフラウのイーグルハイキングコース。花と山岳展望の素敵なコース。

現地チューリッヒに到着後、早速列車の移動が始まります。
3本の列車を乗り継ぎグリンデルワルト到着。
ホテルの部屋からはアイガー北壁を。
明日からのハイキング、よろしくお願い致しまーす。
鉄道を乗り継ぎユングフラウヨッホへ。メンヒと裾野を見下ろしています。
 
アレッチ氷河にて、今回のベストショットの1枚です。ご夫婦参加ありがとうございました。
こちらはみんなでチーズ。
氷河の氷をくり抜いたトンネルアトラクションです。床はもちろん壁も天井もアイス!
イーグルハイキングコースのお花畑です。手前のお花はトロリウス・エウロパエウス(キンポウゲ科キンバイソウ属)
いい花ですね。ユングフラウの山をバックに。
ユングフラウ鉄道の起点、グライネシャイデック駅を見おろす美しい景色です。
こちらはラウタープルネにあるシュタウバッハの滝。滝が町のシンボルになっています。
実は滝の中腹に向かう歩道がついていて、滝の後ろに行くことが出来ます。
ほら。すごい景色。涼しかった!
氷河に削られたU字谷の町をロープウェイから見下ろします。
ロープウェイを降りるとそこはグルツチャルプ駅。ここからミューレン村に向かいます。
途中、ウィンターレーク駅で下車してこの景色をバックにランチタイム。綺麗&美味し~。

ミューレン村。景色と

村中に咲く綺麗な花々。カンパヌラ・ロンボイダリス(キキョウの仲間でソバナによく似ています)
そこここに観葉ではなく自然種があり感動です。ケラスティウム・ラティフォリウム(ナデシコ科ミミナグサの仲間)
ラウタープルネのU字谷をバックにチーズ。
シレネ・ブルガリス(ナデシコ科のマンテマのなかま 日本ではシラタマソウ)

沖本ガイドが列車を運転しているように見えますが、実はこれ最後尾車両です。スイスならではの面白い1ショット。

こちらはグリンデルワルト・フィルストのロープウェイ。
最上駅まで登るとすごい景色が広がっています。
雄大な
山岳の景色をバックにチーズ!
オプションでフィルストフライヤーに挑戦!
一駅分の滑降ですー。すごいスピード!
グラニウム・シルバティクム(フウロソウ科 日本ではフウロ)をはじめ様々の花が満開。
広大な野原に
満開の花々。
のんびりゆったりフラワーハイキング。これぞスイス!
こちらはブリエンツ駅からロートホルンへ。
昔ながらのSL山岳列車で上ります。
車窓からのすごい景色に
皆さん感動ーです!
山上のバーグハウスロートホルンクルムホテルで
かんぱーい!
夕日に朝日。忘れられないひとときを過ごしました。
こちらはマッターホルンで有名なツェルマット。今日から全員マッターホルンビューの部屋に3連泊してハイキングを楽しみます。
スネガーの地下鉄を利用したあとロープウェイでツェルマットのロートホルンへ。
んー凄い!快晴のマッターホルン。
シレネ・アカリウス(ナデシコ科マンテマ属 日本ではコケマンテマ)
ニグリテラ・ニグラ(ラン科ニグリテラ属 日本では似た花が無いと思います)バニラの香りがします。
素晴らしいハイキング歩道。
皆様ご満悦です!
ステリーゼの池で逆さマッターホルンを
見ながら歩ける贅沢コース。
雪解けが遅く、夏のエーデルワイスにはまだ時期が早かったですが見れました!
今回のベストショットの1枚です。ヘリアンテムム・ヌムムラリウム(ハンニチバナ科 日本のミヤマダイコンソウに似ていますがそれとは違うようです)マッターホルンをバックに
つい数ヶ月前に完成した最新式のロープウェイ。ゴンドラサイズのキャビンから眺める景色は
絶景です。マッターホルンに最寄りの駅を通過して
最上駅のマッターホルングレイシャーパラダイスではマッターホルン、ブライトホルン、モンテローザ、モンブランなど。
見下ろすツェルマット。この小さな村に世界中からスキー&観光のお客さんが集まります。
こちらはゴルネグラードの下にあるリッフェルゼの池。
ここはよく観光ポスターで紹介される逆さマッターホルン。貸し切り状態で撮影ができました。
そしてモンテローザと裾野の氷河を展望できる好スポット。
ゴルネグラードへの高山列車に乗って。
ゴルネグラードではモンテローザを間近に。最後まで好天の中素晴らしい景色と花を楽しむことが出来ました。
 
沖本さんが準備してくださったスイスワインでかんぱーい!現地6日間(ツアー全体は10日間)お疲れ様でした!
最後は白ワインにモンテローザを入れて♪

スイスフラワーハイキング。花よし、景色良し、列車の旅よし、お食事よし、お部屋の窓からの景色もよし。すべてがバランスよく揃った素晴らしいコースです。歩きも非常に楽ちんに楽しめます。来年も是非企画したいと思っております。ご希望の方はお気軽にお声がけくださいませ。 山旅人:津森豊

コメントは受け付けていません。

2019.07.01山中泊でお鉢も巡る羊蹄山真狩コース2019.07.04秘湯を繋ぐ 雨飾山縦走

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ