ブログ

10月26日出発 丹後大江山縦走

関西から日帰りでパノラマ縦走気分満喫の大江山縦走!!
しばらく山に行ってないから不安という方でもおすすめの日帰り縦走
歩くにはちょうどいい肌寒い気候の中ずっと展望が続く最高の道を歩いてきました~

今回は、ツアーバスならではの縦走プランです。京都の丹後半島に位置する大江山を4座縦走します。
大江山といえば!鬼退治伝説として有名な山ですね。今でも登山口へ向かう道の脇にちらほら赤鬼や青鬼が出てきます(笑)

ご参加の皆様どうもありがとうございました~。
日帰りでしたがあまりにも展望がいいので写真も160枚撮影しました。参加者限定のダウンロードは下記をクリックして下さい

    ↓↓↓

参加者限定の画像ダウンロードはこちらをクリックして下さい。空欄にあの合言葉を入れて下さいね♪

ガイド:高千穂有康さん
添乗員:岡本哲也・浮田健一

山旅人のフェイスブックもありますのでよかったらいいねよろしくお願いしま~す。

次回企画があれば声かけて~と希望される方はメールでもLINEでも当社へお問合せ下さい!(^^)!

大江山縦走のスタートは航空管制塔までバスで移動。歴史や伝説、神社や神様などを常にアップデートさせてる高千穂ガイドが「大江山の鬼退治」について移動中の車内にて説明してくれました。「諸説あるみたいですが、超シンプルに神話を元に話しますと、
時代は平安中期に平安の都から人々が消える(人さらい)という「神隠し」が起こっていました。時の天皇・一条天皇が、安倍晴明に占わせると、「大江山の鬼が連れ去っている」との答えが出たため武将・源頼光氏らに「鬼退治」の勅命を下しました。
普通に鬼退治に行ったら殺されてしまうので、「鬼頭(酒呑童子)は酒好きな鬼」をキーワードに作戦を練りに練ります。
そして採用された案は、山伏(丸腰)に扮して近づき酒呑童子の家に1泊乞いし、八幡大菩薩から与えられた「神便鬼毒酒」を飲ませ、酔い潰れたら一人が抑え係、そして源頼光が隠し持っていた剣を出してやっつけるという手順。
作戦成功!切られた鬼の首が、源頼光に噛みつき「きさま〜騙したなー!鬼に横道はない!」と怒りの怨をあらわにした。という話です。人さらいする鬼を退治する話ですが、なんか最後は嘘つく人間がずるくて鬼の方が正しいこと言ってかっこいい捨て台詞だなーなんて思ったり。

さてさて、深堀り解説!
①酒呑童子とは?
酒呑童子(しゅてんどうじ)は、山伏に変した源頼光たちとお酒を飲みながら気分がよくなったのか自分話をしたらしい。
自分は、あの出雲で退治されたヤマタノオロチの子。父は、スサノオに退治され出雲国から越後国の山奥まで逃げ、そこにて豪族の子に間私が生まれた。今は、鬼だが若き頃は超イケメンでモテモテだったことや、同時に手に負えないヤンチャものだったため母親に新潟の山奥のお寺に稚児として預けられた。
そこで武力も身につけ、強いイケメンへと成長&酒を覚える。そのお寺でも手に負えないレベルなため延暦寺へ移動したが、最澄に追い出され大江山へやってきた。が!今度は空海に大江山に住み着いちゃーダメと言われ、山を転々としていたら、空海が高野山で亡くなったと聞き、大江山に戻ってきて住み着いていたんだと。
なんか、かなりいい感じで酔っ払ってペラペラ喋りだしたんだろうなー。人間っぽいなー(笑)源頼光は、酒呑童子を実はいいヤツ?とは思わなかったのかなー。酒呑童子ってすごい人物たちと会ってるなぁー。

②一条天皇とは?
第66代天皇。現在の令和天皇は126代目。この鬼退治は、平安時代(西暦995年)のお話。

などなど高千穂ガイドが聞いたかのような語り口で楽しく話してくれました~

ここからわずか5分で大芝山山頂~。ここが絶景。ハングライダーのジャンプ台まであって見晴らしぱっちりです。ここからはトイレがないのでグリーンロッジさんのお手洗いをお借りして出発です。いつも利用させていただきありがとうございます。宿泊もできるのでゆっくりされる方は是非どうぞ。グリーンロッヂさんのHPです。

ここでみんなで記念撮影です。1つ目登頂で~す。今回のガイドさんは高千穂さんです。

歩きやすい登山道ですが雨の後は少しすべりやすいので注意です。

ご覧の通り見晴らし最高です(^O^)。763mの鍋塚山山頂から今回の歩くルートが見えています。

2つ目到着ばんざ~いです(^O^)。みなさんテンションあがります。・・・ほんと眺望いいところです。

晴天ではなかったですが雲があって空の雰囲気も素敵でした。

向いの山は午後から登る鳩ヶ峰と千丈ヶ獄。縦走たのし~!!!

途中に可愛らしいリンドウが咲いていました♬

鳩ヶ峰を経て、大江山縦走の最高峰の千丈ヶ獄山頂です。広々とした山頂でここゆっくりしたい場所です。

今回はご好評によりキャンセル待ちの方いらっしゃいましたが

来月追加便も設定しておりますので歩きやすくて展望もきれいのでご一緒しませんか?

来月は11月19日(土)出発です。残席あとわずかです。

ツアー詳細はこちらをクリックして下さい→→→  11月18日出発の大江山縦走

ご参加お待ちしおります。

登山にも参加してほしいですが、神様や神社、古事記などに興味お有りの方、初心者の方、ぜひぜひ神話ツアーにもご参加下さい!
わかりやすく楽しく学べますよ。

これから先の高千穂さんのコースはこちらをどうぞ→→  高千穂ガイドのコース予定です。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

2022.10.2610月15日 秋の北八ヶ岳 縞枯山から北横岳2022.10.27年明けはあそであそぼー♪ 新春・山旅人スペシャルツアー!

電話資料請求ブログ↑Top

このページの
トップへ